安達太良山

 

2004年2月21日(土)~22日(日)

参加10名

2月21日(土)快晴

毎年恒例になっている安達太良山山行、会員もほとんどが参加する。
武蔵浦和駅に8時集合し、蓮田サービスエリアにてもう一台の車と合流する。
天気予報では移動性高気圧が本州中部をすっぽり包み込むことになっている。高速道路上で表示している気温も、 当初11度から目的地に着くころには17度と二月としては異常に高い。二本松駅で福島在住の会友を一人拾い、 奥岳スキー場に向かう。今年はスキー場まで雪が無い。駐車場では雪が溶けて水が勢いよく流れ出し、黒い地肌が半分ぐらい見えている。 スタッドレスタイヤをはいてきたのに役立つ箇所はない。
天気もよく、メンバー全員で快調にとばし、くろがね小屋まで1時間30分で着いてしまった。小屋を管理している佐藤さんに一年ぶりの挨拶をし、 楽しみにしていた温泉へ直行する。夜は豪勢に手巻き寿司で舌つづみ。

2月22日(日)快晴のち晴

昨夜、食事の時より新しく加わった二人も含めて、8時に行動開始。晴れていたので鉄山に向かう。 トレースがついていないので、SLとS・Fがトップを交代でラッセルする。稜線へ出る手前で大きく右に回りこむ。 雪崩の心配があったので、各人の間隔をあけて登り、稜線に出る。今年は雪庇が張り出していない。 そこから鉄山の頂上まで全員が交代でラッセルする。頂上で一本立てた後、沼ノ平側に少し下ったトラバースルートで矢筈森に向かう。
矢筈森手前で3~4年前に、沼ノ平から吹く風が強くて耐風姿勢もとれずに這いずって越えた地点を通る。今日は風も無く周りの景色もすべて見渡せ、 ルンルン気分である。牛ノ背にて尾根道から降り、峰の辻経由で勢至平に向かう。
途中で、地元山岳会の大パーティに会う。2月11日も天気が良かったそうだ。
勢至平で一本立てる。太陽が降り注ぎ、雪が溶け出し、まるで春山のようだ。奥岳スキー場へ12時30分に着く。途中でCLとKは尻の下に敷く丸いソリで滑り降りていた。
岳温泉でいつもの風呂とニコニコラーメンを食べて、今回の山行は終了。

S・F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.