那須 納会山行

 

2004年12月11~12日

参加者: 9 名

12月11日(土) 晴れ

恒例の納会のシーズン。
今年も会員F氏の那須山荘を使わせてもらう事となりました。
雪が少ないことは理解していたが、沢筋に残っている斜面で雪上訓練をする予定で、 冬山の完全装備を持って出発。
しかし、那須の山々が見えてきても雪は無し。 残念・・・
当然、雪訓を中止して温泉へ。それから、夕食の買い物をして山荘に戻った。
テーブルにはアルコールが行列。早々に納会を終わらせて(結構真面目に話し合いはしました)宴会のスタート。
滑落停止はそこそこに止められても、飲み出したら止まらない面々でした。

12月12日(日) 晴れ

以外に前夜の酒は残っておらず、すっきりと雑煮を食べて出発。一応、冬山装備をもって行くことにして乗車。
通行止めになっている直前の駐車場に来ても雪は無い。
上部を見ても雪は見えないのだが、やっぱり日陰の登山道や稜線が凍っているかもしれないからとアイゼン、ピッケルに冬靴を持って行くことにした。
スニーカーを履いた、変に完全装備の一団が登って行く。
峰の茶屋避難小屋に着いても雪は皆無。茶臼岳方面を見上げても雪は無い。振り向いて朝日岳方面を見ても雪は無い。12月中旬だというのに雪はどうしたのだ。
やっぱり今年は異常気象である。
稜線は風が強いのでヤッケを着てから茶臼岳へ。冷たい風が吹いているが、いつもの冷たさは無い。これでよいのかな?なんて考えているうちに山頂へ。
結局、重い冬靴とピッケル、アイゼンを担いでボッカ訓練?をしたのでした。

K・I 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.