なんば走法をご存知ですか・・・

 

なんば走法をご存知ですか・・・
最近では、清原選手が東海大の高野進コーチの教えをうけて、自主トレに取り入れました。それ以前は、世界陸上200M銅メタルの末続慎吾選手が取り入れたことも知られています。もっと前になると、古武術家 甲野善紀氏による紹介がありました。
どのような走法かといいますと、背骨にそっての一軸を意識するのではなく、その左右に二軸あると意識をして、上体を捻らないように骨盤の動きで手足の動きを先導する走り方(歩き方)だそうです。
昔々、幼稚園の運動会で、右手・右足、左手・左足が同時に動いて行進をしていた子供を見かけた記憶があると思います。まさに、それが「なんば」なのだそうです。
何故、それが有利なのかといいますと、上体を捻らないこと・地面を強く蹴らないことにより消耗が少なくなるそうです。
清原選手が永いシーズンを故障しないで乗り切ることを目指したのも、このことなのでしょうか?
スポーツジムで練習をしてみたのですが、集中しないと出来ません。
普段は逆の動きをしていますから・・・
ボクシングのステップに近いかもしれません?

山歩きに取り入れようかと思い立った理由は、
先ず、消耗が少ないこと。それから、左右の足を交差しないで進行するので、アイゼンを装着した場合に爪を引っ掛けることを防げることです。
思い返してみますと、重いザックを背負っての急登では自然に右手・右足、左手・左足の動きをしていたような気がします。
皆様はいかがですか?

まだまだ試し始めたところです。
興味をもたれた方がいましたら、その効果の程をレポートいただけましたら幸いです。

K.I 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.