大雪渓より白馬岳

 

2005年5月3~4日

参加者 : 1 名

5月3日(火) 晴れ

西穂高岳西尾根合宿が中止で個人山行となり、久しぶりの単独行となった。
都岳連の雪山教室へ入る前に計画をしたことのある白馬行きとし、猿倉→大雪渓→頂上(白馬山荘泊)→白馬大池→栂池の一般コースとした。
夜行列車利用で睡眠をそこそことり、白馬でバスに乗り換え猿倉までと思いきや、途中路肩が悪くて手前1Kmでおろされて猿倉まで20分程歩くこととなる。
猿倉からは雪道、例年より雪が多い様である。
白馬尻から斜度が少しずつ増しゆっくり確実に高度を稼ぐが、雪渓の登りは景色が変わらず単調であった。 場所柄、山スキーの人も多く、シールを付けて登る人・担いで登る人と様々である。時より上から滑り降りてくる人がいて皆の注目の的であった。
上部の小雪渓部付近はトラバースルートではなく直登ルートで上部へと出る。お花畑にある非難小屋は屋根の一部が少し雪の上に出ている積雪量であった。歩き出して約5時間強で白馬山荘着。
今日はここで宿泊とするが、山頂は目前でありちょっと往復してくることにした。頂上に着くと、主稜からの最終組の登攀者が雪壁を上がって来るところであった。
小屋はまだ半分しか開いてなくほぼ満員だが、一人一畳分の割り当てがあり窮屈な思いをせずに熟睡できた。

5月4日(水) 晴れ

7時過ぎに頂上へ着くと既に主稜からの登攀者が上がってくるところであり、この時期は人気コースなので主稜線上にテントが数張り、上から確認できた。
頂上直下の雪壁を登攀している人を見て、今度はあの主稜から是非頂上に登りたいと思いました。
白馬大池までの稜線上は雪があまりなくアイゼンは不要な状態であった。
船越ノ頭から乗鞍岳へダイレクトに行くルートを考えていたが、ショートカットのルートを見落として夏道の大池山荘(小屋はほとんど雪の中)経由となる。
乗鞍岳から天狗原にかけては雪原であり目印がなく、栂池への方向が分かりづらかった。地図とコンパスで方向を見定めて進んだところロープウェイの駅が見え、最短ルートを取ったところ途中斜面が急になりトラーバス気味で迂回した。
もしホワイトアウト状態だったらルートの取り方しだいで、危険な場合も有り得ると感じた。
昼前にはロープウェイ駅に着き、2日間の天気に恵まれた山行が終わった。

E・N 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.