北アルプス 赤木沢

 

2005年8月15~18日

参加者 : 5 名

8月15日(日) 雨

前夜、午後8時に武蔵浦和に集合した総勢7名は、お盆の帰省ラッシュを尻目に、上信越道から折立を目指しました。
運転を4名で交代し、有磯海のサービスエリアではどしゃぶりの雨…
6時に有峰林道のゲートが開くのを待って折立の駐車場へ着いた時には、幸い雨も上がっていました。
身支度を整え出発!!
しかし、ぽつぽつ降り出した雨は登るにつれてだんだんと強くなり、とうとう雨具を着るような降りになってきました。 登山道は、まるで沢の中を歩いているようです。
三角点を過ぎての木道も水につかり、登山靴の中に水が入らないようにもくもくと歩いて、13時に太郎平の小屋着。
それから20分程で薬師峠のキャンプ場。
テント2張を設営してほっと一息つきました。
雨は断続的に強く降ったり止んだりしていましたが、テントの中では、稜朋会恒例の手巻き寿司の宴会が盛り上がりました。
一晩中雷が鳴り、稲光がテントを明るくして・・・
明日はどうなるかな~???
不安を抱きながら眠りにつきました。

8月16日(月) 晴れ後曇り

3時起床。
空は雲が切れて星がチカチカしています。遠くでは相変わらず雷鳴がしていました。
5時出発。
途中の太郎平小屋で天候の確認をして、薬師沢に下りました。
薬師沢小屋の方に伺うと、沢の水位は平静よりも20cm位上がっているとの事でした。
トイレを借りたり、装備を身につけて8時にいよいよ黒部本流に入りました。
左岸、右岸へと何回か渡渉を繰り返し、腰までの所では手をつないで渡りました。
赤木沢の出合いは、胸までつかりながら淵をへつっていくと、赤木沢がパーッと目に飛び込んできました。9時40分。
ここで、赤木沢を遡行する私達A隊5名と、源流へ行くB隊2名に分かれました。
青空の下、源流へ行くB隊を見送ってから、10時に赤木沢の遡行開始です。
今までの水が多く早い流れから一転して、小さな滝の連続する明るい沢…
ゆったりとしたナメ滝をルンルン気分で歩き、この滝はどっちから登ろうかとワクワクしながら 順番にトップを交代して進みました。
稜線が、雲ひとつないまっ青な空にくっきりと浮かぶ。
明るいきれいな沢も大滝まで来ると、落差と水量に圧倒されました。
大滝の高巻きは、ちょうどいい所に木の根があったり、良いスタンスもあり、いっきに落ち口に出ました。
その上部で中俣乗越への沢を見送って、最後の一滴まで沢をたどるとツメはお花畑の広がる草原です。
ハイマツ帯に入らないようにしながら、最後に雪渓の脇を登ると赤木岳の山頂を少し下った稜線へ2時30分に出ました。
この頃から少しずつガスがかかってきて、 北俣岳のピークを越える頃には、すっかりガスにつつまれて視界も悪くなって、太郎山までがとても遠く感じました。
午後5時 薬師峠のテント場に到着。
実に12時間のアルバイトでした。
テント場でユーマックのKさんに再会。明日は赤木沢に入るとのことでした。
夜のメニューは稜朋会では珍しいパスタです。
スパゲティぺペロンチーノとポテトサラダとスープは、どれもとってもおいしくて大好評でした。

8月17日(火) 晴れ後曇り

のんびり7時に出発して薬師岳へ向かいました。
この時期では終わってしまったと思っていたチングルマが咲いていたり、ハクサンイチゲ、ミヤマリンドウ、ウサギギク、ヨツバシオガマ等など、ゆっくりと眺めたり、写真を撮ったりしながら、登っていくと、ガスがだんだん出てきたり、消えたりするなかを山頂に着きました。
山頂で小休止のあと、ガスにすっかり包まれたのを機に下ることにしました。
薬師岳山荘の外にあるメニューの「餅入りぜんざい」に魅力を感じつつ、又お花畑を楽しんでテント場へ11時40分に着きました。
12時にB隊と定時交信をすると、B隊は「赤木岳の登りにかかっている」と元気な声が聞こえてきました。
昨日の濡れた沢シューズなどをテントの周囲に広げても、ガスのために、ほとんど乾きません。
今晩のコンビーフカレーを早めに煮込んだり、海藻サラダを作ったりして準備万端、B隊の帰りを待ちます。
太郎山あたりまで出迎えに行こうと、3時半にテント場を出発すると、5分程でB隊と出会いました。
ヒャ~なんて早いんだろう。 すごい!!
7人が揃ったので、早速ビールで乾杯。。。。。
テントの外は、又雨の音。

8月18日(水) 晴れ

テントをたたみ、6時に出発。
太郎平小屋で名前の分からなかった花、「イワショウブ」を教えて頂き、歩きだしました。
登りと違って木道が乾いているとこんなにも歩き易いのかと楽しく歩けました。
花を楽しみ、そして周りの山々を眺め、大好きな剣岳を見ながらの下りで、  9時30分頃に折立駐車場に到着。
温泉で汗を流してさっぱり、大満足で帰宅しました。

A隊にお付き合い下さった代表に感謝です。
他のメンバーの方々もいろいろありがとうございました。

T・F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.