クロスカントリースキー

 

2006年2月24日

参加者 : 4 名

最近、ゲレンデ以外のスキーで「クロスカントリースキー」、「テレマークスキー」、「バックカントリースキー」、「山スキー」といろいろ有るが、何処に違いがあるのか良くわからない。
と言う会話があって、それでは経験をしてみようということになりました。
当初、日光光徳牧場にクロスカントリースキーのコースがあるので調べていたら、沼田の玉原スキーパークでもできるという情報をもらいました。
インターネットで調べたところ、
「スミスネイチャーランド アウトドアスクール」というところが、用具レンタル・ガイド付きで1日コース5000円だったので申し込みをしました。
関越道に乗って現地まで2時間とのことで、少々キツイが日帰りとしました。
予定通り10時に沼田市中発知の集合所に着。
平日なので我々だけのツアーでした。
早速、用具を合せてから「玉原スキーパーク」の駐車場へ移動。
通常のスキーより細くて、金具も簡単なので大変軽い。そしてストックは長め、靴はスニーカーのように軽くて歩きやすい。
やさしそうなガイドさんの後につづいて、スキー場の脇からブナの森へ。
最近気温が上がったのだろうか、雪面がクラストしているので滑りづらい。
前後にスキーをずらしてバランスをとると教わっても、一瞬でも気を抜くと尻餅をつく。特に止めることが難しい。
転びながら林の中を散策。かなりの大木にも熊の爪跡が残っていた。
天候が悪く、ガスの中に入ってしまったので山はぜんぜん見えない。
昼食は、食パンにコロッケを挟んだサンドイッチとコーヒーをご馳走になる。
Kさんはスキーに慣れていなかったので、午後のコースはスノーシューで散策。
快適に歩いていたので、全員でスノーシューの体験をするのも良かったかな?

帰りは川場村の昭和レトロの旅館(渓山荘)で日帰り入浴をして帰京しました。

参 考

クロスカントリースキー
普通のスキーより細くて、通常エッジが無く、踵がロックされていない。
歩くためのスキー。

テレマークスキー
新雪を滑るために、幅を広くして、エッジも付いているが、踵はロックされていない。
滑ることも考えられたスキー。

バックカントリスキー(≒山スキー)
普通のスキーより短く、幅も広い。踵はロックすることもはずす事もできる。
シールとスキー用アイゼンが付属している。
熟達者は、テント泊をして山を滑るようだ。

K・I 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.