尾瀬 燧ケ岳

 

2006年3月18~20日

参加者 : 8 名

3月18日(土))曇りのち雪

尾瀬沼の上を歩きたいね!から計画された尾瀬・燧ケ岳である。
2泊3日行程なので土曜の朝発となったが、関越道は案の定渋滞だった。
しかし予定内で戸倉に着くことができた。
戸倉から大清水まで8Km の車道歩きは、雪のないアスファルトの道で少々辛かった。
大清水からは雪道となる。
標識が傾いているところもあり、今年の雪の多さを物語っている。
一之瀬休憩所までは平坦な道だが、雪道の為か思ったより時間が掛かかった。
山道に入ってすぐの沢すじのトラバースは一部雪が切れており、慎重に渡る。
先行者のスキーとスノーシューのトレースがあったが、つぼ足で行く我々は足が潜り、スノーシューの威力をまざまざと感じられた。
夏道と別れ冬路となる沢を詰めて行くと、レスキュー用橇が木にぶら下がっていた。
その脇にベースキャンプを張った。
午後5時近くとなっており、当初の三平峠付近で幕営の予定が思ったより手前となってしまった。
今夜は鰻丼、当会では話題?多きメニューである。

3月19日(日)曇りのち雪

朝からどんよりとしていまにも雪が降ってくる空模様である。
昨日はつぼ足で苦労したのでワカンを履く。
先行者のトレースはオモジロ山寄りに向かっていたが、途中よりトレースをはずして直登する。
尾根に上がったところで三平峠の方向を確認すると想定より外れていた事が分かった。
尾瀬沼着が9時半。
燧ケ岳もすっぽりガスに隠れてしまい天気がますます悪くなる気配なので、尾瀬沼の上を通り長蔵小屋までの往復に変更する。
ここで先行のパーティー3名と会うが、彼らも燧ケ岳を断念して引き返すとの事であった。
帰りは順調で昼にはBCに戻ってこられた。
まだ時間も早いのでBC脇でたこつぼの練習。
まずはザックを芯にしてのイグルーもどきを試してみる。
ザックの上にツエルトを被せ、その上に雪を被せて試してみるが、実際にやってみるとうまくいかない。
やはりたこつぼの方が実用的と思われる。
たこつぼから勢い余って雪洞も試し堀。
せっかくなのでキジ場とするが、これが翌日の天候で非常に有効となる。
この頃から雪がしだいに多く降ってきた。

3月20日(月)雪

昨日からの雪でトレースはなくなりラッセルでの下りとなる。
雪は降っていても視界は良く赤布のおかげで帰りのコースも難なく取れた。
赤布が絶妙と思える場所・間隔で付けられており、帰りをいかに想定して付けるかが重要である。経験の必要性を感じた。
往路の沢すじの箇所は安全を考慮して上部を大きく巻いて回避した。
車道歩きは行きよりも皆元気でハイペースのため、途中で脱落してマイペースで歩く。
ここ数年は雪が少なく、今回はワカンの良いトレーニング山行となった。

E・N 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.