西穂高岳西尾根

 

2006年5月3~5日

参加者 : 4 名

5月3日(水) 晴れ

今回は車2台、前夜発で新穂高温泉に集合。
私は集合時間より早めに到着した。
無料の村営駐車場内はすでに多くの車が止まっていた。
仮眠をとろうしたが、緊張のためかほとんど寝れない。
5時前に合流、荷作りをして出発する。
予備日を含めて4日間の山行であること、少人数であること、 ロープなど登攀具もあることからザックはかなりの重さである。
久々もしくは自身としてはMAXの荷重であったのかもしれない。

穂高平避難小屋までは平坦な道を歩く。
例年は小屋近辺では雪は残っていないとのことであるが、 今年はやはり積雪が多かったようで、まだまだ残っていた。
小屋を離れて尾根に取り付く。
ここから登り。かなりキツイ。
にも関らず汗が出ない。やはり体調がおかしいようだ。
案の定、途中からバテた。前の3人についていけない。
先頭で歩いていてもかなりペースは遅かったはず。
早くテン場に着かないものかと願いながら、必死で歩く。
標高1,900mでBCの第一候補。
しかしここはパスしてさらに登る。
結局2,000mの第二候補でテントを設営することになった(12:30着)。
宴会には早いので、おしゃべりをして過ごす。
夕食は好評のウナギ丼。
早朝からの歩き疲れと明日に向けて、お酒もそこそに就寝(20:00すぎ)。

5月4日(木) 晴れ

3時に起床
早々に朝食&準備をして出発(5:00)。
本日も天候に恵まれる(雲&風ともに無し)。
西穂山頂はまだまだ遠い。
左から岩峰を巻き、まずはジャンクションピークを目指す。
ジャンクションピークまで、以外に遠かった。
上部の岩稜で、10m程ロープを使って山頂着(9:30)。
槍・笠・焼など360度の展望。
西穂山荘からもどんどんと登ってくるのが見える。
帰りは少し下った所より懸垂下降で沢に下り、雪崩に気を付けながら急いで下る。
途中で早くテン場に戻ったら、今日中に避難小屋まで降りてビールでも飲もうという話が出る。
テン場着(12時すぎ)。
お茶/食事を取りながら、下山準備。
下部の尾根も沢沿いで下山する。
降りきった所で一般道にぶつかった。
歩いてきた方向と地図からすると、小屋よりも新穂高側に下りたと予測。
時間も早いのでビールはあきらめ、駐車場まで更に足を伸ばそうという事になった。
しかし、しばらく歩くと小屋が見えてくる…。
こうなれば予定通りビールをいただいてから駐車場へ。
結局、その日のうちに下山してしまった。
こんなことは初めてである。
駐車場にテントを設営して、深山荘の露天風呂に入る。
風呂に入ってしまったためか、あまりお酒が進まず、 会としては珍しく(?)残った酒をテイクアウトすることとなった。
ほとんどの荷物は車の中で、広々としたテントで就寝。
渋滞を避けるため、翌日早々には帰路に着いたのです。

3年越しの計画であった西穂高岳西尾根山行で、 今年度最後の雪山シーズンを締めくくることができ、満足の山行でありました。

H・S 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.