冬山合宿 北岳

 

2006年12月29~31日

参加者 : 4 名

12月28日

午後10時に新宿を出発
二日前に記録的な年末大雨が降り、翌日から強い冬型の気圧配置で大雪注意報も出ていたが、南アルプスなのでたいしたことは無いだろうと考えた。
東京に降った大雨が山では雪であったろうと覚悟をしていたのだが、奈良田まで道路は乾いており午前2時過ぎ順調に到着した。
午前6時まで車中でシラフに入って快適に寝る。

12月29日  晴れ

開運トンネルのゲートは鍵がかかっており、入山初日の重荷をかかえて乗り越えることになった。
雪の全く無い車道を3時間30分黙々と歩く。
あるき橋から登山道に入るが、予想に反して雪が無い。
ここでも大雨の影響は無かった。
1時間登ると雪が出てきた。アイゼンをつけるほどでもないが、重荷での急勾配は足に負担がかかる。
4時間ほどのアルバイトで、午後3時過ぎ池山御池小屋の幕営地に到着。
天気は冬型で晴れているが、時々唸りをあげて強風が通り過ぎる。
荷揚げをした酒で軽く疲れを癒して、午後8時就寝。

12月30日 晴れ

午前3時起床
夜中に粉雪が降っていたが、起床時は快晴で時折強風が吹くが、森林帯なので気にはならない。
午前5時ライトをつけて出発。森林帯は雪が多いがトレースはついている。
6時を過ぎて空が白んでくると、遠くに富士山近くに鳳凰三山が見えてきた。
進行左側の間の岳の稜線は雪煙をあげており、農鳥岳は雪雲に覆われて見え隠れしている。
3時間の登りで森林限界に達すると強風が唸っていた。
ボーコン沢の頭が見えているが、まだ距離がある。
風下で巻いた風が吹き付けてくるが、歩くことに支障は無い。
幕営地から5時間でボーコン沢の頭に到着。
目の前に雪の北岳の全容が迫ってくる。
しかし、ここでは猛烈な風が息もつかずに吹き荒れており、二度も吹き飛ばされる。
ここから吊り尾根を通って八本歯経由で北岳に取り付く。
稜線歩きと山頂直下の雪面トラバースで突風にすくわれたら危険なので、残念だが引き返すことを決めた。
午後、移動性高気圧に入って風がおさまるかもしれないと期待してか、縦走をするらしいパーティは森林限界で様子見をしているようだ。
我々はピストンなので、時間的にも制約があり次の機会にリベンジすることにして、昼前に幕営地に戻る。
夕方になって風が収まった。
今年一年の思い出話に花が咲き、午後8時就寝。

12月31日 晴れ

午前3時起床
暗いうちにテントを撤収して、5時30分下山開始。
登りに苦労したので、下山はあるき橋までアイゼンをつけることにした。
凍っている土の場所でも滑ることが無いので思いっきり歩ける。
午前8時30分 あるき橋到着。
これで終わりではない。車道を再び3時間30分歩くが、疲れた足にプラブーツがきつい。
12時前に開運トンネルのゲートに到着。
林道工事関係の車が通っているので、ゲートはガードマンがついて開いていた。
お陰で乗り越えることも無く我々の車へ直行。
早々に荷物を整理して西山温泉へ・・
立派な温泉旅館の大浴場で汗を流してから、大晦日の東京へ午後4時頃帰着。
無事に一年の山行を締めくくりました。

  Y・F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.