杓子岳 杓子尾根

 

2007年5月3~5日

参加者 : 5 名

5月2日(水) 晴れ

GWの渋滞を避ける為に、23時に新宿を発ち途中甲府のサービスエリアで仮眠をとって、早朝5時白馬へ向かう。

5月3日(祝) 晴れ

8時に猿倉着。支度をして9時出発。
猿倉荘から雪があり、暖冬のイメージは無い。
小日向のコルまでトレースに導かれて4時間程で到着。
杓子岳や白馬鑓ヶ岳が正面に見える場所を天幕場とする。八方尾根も良く見えている。
アプローチは春山の暑さを充分に感じていたが、尾根上に出ると風があり寒い。
風対策のブロック積みに時間をかけて、15時ころ天幕の設営が終了。
この頃より風が強くなり、雲行きも怪しくなってきた。
新品のジャンボテントのチェックを慎重にしてから、皆で天幕に入る。
初日の無事と明日の登攀の成功を祈ってささやかな酒宴・・
夜になるとますます風が強まり、小さな前線の通過かな?
20時に就寝。

5月4日(祝) 晴れ

3時起床。
夜半に雨も降ったようだが、起床時は晴れ。
全員の体調も良く、4時50分出発。
杓子岳の山頂を正面に見ながら樺平を目指す。
痩せた双子尾根を約1時間の登攀で樺平に到着。
右手に白馬岳主稜を見ながらしばしの休憩をとる。
ジャンクションピークで合流する杓子尾根も近くに見えている。
正面に聳えるジャンクションピークの登りはかなりの急登に見えている。
急な雪面を登り始めるが、やっぱり時間がかかる。
途中で休める場所もないまま、1時間45分かかって登りきった。
ピークには天幕を設営したらしいブロックがあり、そこでようやく休憩。
白馬岳主稜を登っているパーティも良く見える。
杓子岳山頂も手にとるように見えるところまで来た。
2700m付近になって風が強くなってきた。
ナイフリッジの通過は突風に注意をはらって越す。
頂上直下の岩尾根も三点確保で抜けると、山頂から張り出している5mくらいの雪庇の横に出た。
最後の急な雪壁を登ると広い山頂に出る。
4時間の登攀で全員が無事に登頂。
稜線上は黒部側から猛烈な風が吹き荒れていた。

ナイフリッジも多く、後ろから登ってくるパーティも多いので、予定を変更して白馬岳大雪渓経由で下山することにした。

強風の中を白馬岳頂上宿舎まで1時間40分。
大雪渓側に入ると嘘のように強風は収まり、登山者でにぎわっていた。
雪が腐っており、足をとられながらゆっくりと4時間かけて下山。
左右の小沢から小さな表層ナダレや泥を巻き込んだナダレが起きていて、慎重に見定めながら下った。
白馬尻からは、小日向のコルを目指して杓子尾根の末端を大トラバース。
消えかけたトレースを辿っての約1時間。
前方に入山時に見覚えのある天幕が見えてきて、コース取りが正しかったことにホットする。
疲れきった最後に、小日向のコルへの1時間の登りはキツカッタ・・
11時間30分の行動で16時30分天幕に帰着。
好天により、丁寧に積んだブロックも大きく溶けてしまっていた。

5月5日(祝) 晴れ

下山日なのでゆっくりと起きればよかったのだが、GWのユーターン渋滞に巻き込まれるのがイヤだったので3時起床。
今日も晴れ。
しかし、杓子岳の山頂付近はガスにつつまれており、天候の変わり目にきていることが感じられる。
5時過ぎに天幕を撤収して下山開始。
猿倉に7時着。
途中で営業している風呂を探すが、時間が早すぎて何処も開いていない。
しかたなく諏訪サービスエリアの風呂をあてにするが、そこも10時開店で1時間も待つことになるので諦めて、着替えのみで一路東京へ・・

  Y . F  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.