剣岳 八峰上半縦走

 

2007年8月11~14日

参加者 : 4 名

8月10日 晴れ

仕事帰りが遅くなり武蔵浦和へ予定時刻に間に合わず、所沢ICでの合流とさせてもらう。
交通量は多いながら、渋滞までにいたらず夜通しでひたすら立山へ向かい明け方順調に到着。
朝まだ早いうちから駐車場は続々来る車で埋まっていく。

8月11日 晴れ

夏休み初日でもあり、立山駅の朝は登山客で賑っており、ケーブルとバスを乗り継いで室堂に着く。
昨年合宿時よりは人が少ないとの事であった。
室堂8時30分発。重い荷のせいもありゆっくりと歩きはじめる。
雷鳥沢で休憩後、別山乗越に向け急登を確実に高度を稼ぐ。
登山道は人の列が出来て、ヘルメット・ピッケルを持った人が半数はいる。皆剱岳周辺の岩場なのだろう。
予定より早く別山乗越に着く。そこからの剱は大きく見え、来た!との実感が湧く。
三田平には13時前に着いてしまい、幕場でゆっくりと剱を眺めながら過ごす。
夕飯はFさん自家製野菜のカレーを堪能させてもらう。
夜半一時雨が降るが、じきに止み明日への影響はない程度であった。

8月12日~13日 晴れ

5時過ぎ幕場発。
剱沢雪渓を下るが雪が少なく上部ではすぐに巻き道を取る。長次郎雪渓入口で 休憩後、いよいよの登り開始であるが、しばらくは雪渓の単調な登りとなる。
5・6コル下で落石があったが、無音で石が転がり、「落」の声のみがこだまする。
コルへは踏み跡がはっきりしているザレ道をつめて予定通りに8時着。
ここでハーネス、ガチャを付けて、さあスタート!
やや右側からコースを取り3ピッチで懸垂ポイントニ着く。10m懸垂後の登りではクライミングシューズに履き替えて快適に登るが、2ピッチで尾根上部に出る。ここからは尾根上を6峰のピークに向け登るのみで、途中休憩を含み6峰着が12時近くとなる。
予想以上に時間がかかってしまった。
6峰からの懸垂後にまた直ぐ登り返しがあるが、上から見た場合はザイルがあった方が良さそうに見えたが下から見るとノーザイルで問題なし。
再度懸垂後に今度は7峰に向け登る。
ここは巻き道がしっかり付いているため、誤って7峰を通り過ぎてしまいそうである。
7峰もノーザイルで難なし。
7峰はピーク脇の岩の間を抜けてリッジ上の先に懸垂ポイントがある。
ここの懸垂では25mで2人が一旦おり、その場から尾根通しで進むのが通常であろうが、もう25mを連続で下まで降りる事とする。
2回目の懸垂セットでロープ投げをへまして途中で引っ掛ける失態をしてしまった。日頃の練習の成果が出せなかった。
下まで下降するケースは少ないと見え全体的に石が浮いており慎重に下るも落石を起こしてしまう。
大休止後、15時近い為に八峰の登りは時間切れで巻き道を進む事とする。
巻き道は八峰の裏側に出るルートとなり難なく終了?地点。
北方稜線に向けて2ピッチの懸垂。
池の谷乗っ越しへ登り返す。
予定ではここでビバークであったが、雪渓からの風が冷たいので、良い場所と明日の行程を考えてもう少し進むことにする。
池ノ谷尾根のピークが丁度一張りできる平坦な場所があり、ビバーク点とする。
ベテラン両名はこんな快適なビバーク点は今までに無いとの事であるが、若手2人は初ビバークで心もとないのと初体験での好奇心とで複雑心境。
19時前にシュラフカバー・ツエルトをかぶり休む。
深夜少し冷え込んだが少しは眠れたおかげで体力は回復した。
日が出てから行動開始、北方稜線を本峰に向けて進むがルートファインティングが難しい。
長次郎の頭の先では池ノ谷側ルートで懸垂ポイントが出てきたが、昨年の逆コースではなかったとの事。コースはもろく捨て縄を足して懸垂50mいっぱいを2ピッチでコルへ下る。
本峰から北方稜線へ何組か通過するが、ルートは長次郎雪渓側にあった。
最後の一登りで9時に登頂。人ゴミの別世界にたどり着いた。
頂上で登ってきた八ツ峰のルートをしばし眺めてから一般ルートで下山開始。
かにの横ばい周辺・鎖場で若干の渋滞となるが、順調に進めた。
前剣について一安心したせいか急に疲れが出てきて、一服剱からはみなより遅れてマイペースで歩かせてもらい剣山荘へ一足遅れて到着。
雷鳥沢まで幕場を進める案もあったが、疲れのため今夜も三田平泊とさせてもらう。
幕場についてから無事を記念してビールで乾杯!

8月14日 晴れ

最終日は日が出ない内に幕を撤収して下山。
朝一のガラ空のアルペンルートで立山へ戻る。
駅前の民宿にて朝から風呂に入れて、4日間の汗を流しさっぱりとして帰路へつくことができた。

  E . N  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.