日光白根山

 

2007年11月24~25日

参加者 : 7 名

11月24日 晴れ

例によって武蔵浦和駅集合 12時。
食糧・アルコールを買出ししてからのんびりと関越道へ。
沼田ICまで楽勝で到着。
金精道路目指して進む。
2~3日前に北海道・東北地方の平地で積雪があったが、沼田では道路が乾いていた。
しかし、峠を越えて吹割の滝が近づくと日陰に雪が・・・
そして、丸沼高原スキー場からは完全な雪道となってしまった。
チェーンをつけず慎重に走行して菅沼のドライブインに到着。
登山口には先着の車が2台いたが、我々は駐車場に2張のテントを設営。
ドライブインのトイレが使えたので快適な宿泊となった。

11月25日 快晴

無風快晴の登山日和。
そこそこに朝食を済ませてテントを撤収。
トレースが付いているので、積雪があるがのんびりと弥陀ヶ池へ向かう。
池に着くと漸く日光白根山が見えた。
上部は岩稜となって迫ってくるが、実際は簡単な岩稜からチョッと傾斜のあるルンゼを登ることになる。
道標のある山頂に出るが、そこは頂上ではなくて、一度火口に下りて登り返す。
両手に力をこめて岩を乗り越えると、そこが2,577mの頂上でした。
360度の大展望。
尾瀬を囲む山が近くに見え、谷川連峰、越後の山々そして遠く北アルプスから南アルプスまで見えている。
見下ろすと日光中禅寺湖が大きい。
男体山は雪がついていない。
どうやら、日光白根山が雪雲を遮ったようだ。
非難小屋から五色沼を経由して下山のつもりであったが、のんびりと温泉に入りたいという意見が多数をしめたので、登ってきたルートを一気に下山。
途中の立ち寄り温泉に入ってから沼田ICへ。
3連休の関越道は大渋滞でした・・・

  K . I  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.