初冬の富士山

 

2008年11月22~24日

参加者 : 6 名

11月22日(土)

PM12時、京成上野駅で3名を拾い、横浜駅で2名と合流して一路御殿場インターを目指す。
3連休だが午後ということもあり、高速道路は多少の混雑で順調にインターを出る。
御殿場市内のスーパーで食料を買い込み富士山スカイラインを登る。
南アルプスの落日を見ながら新五合目の駐車場に到着。
標高2400m 気温はマイナス2度。
駐車場の端にテントを張り急いで暖をとる。
天気が良く観光客の車が夜遅く迄走り、気になるがPM9時就寝。

11月23日(日)

AM4時起床 晴れ
風が時折強く吹くが冬の富士では普通のこと。
朝食後、風で飛ばされるのを警戒しながらテントをたたみ車に載せ、AM6時出発する。
新6合目の手前で日の出を拝み一日の無事を祈る。
まだ雪は無く夏道を登る。
2400mに一泊したので、高度順応をしたのか出足は全員順調。
山小屋のある所でピッチを切り、8合目で雪が本格的に出て来たのでアイゼン・ハーネスを装着。
既に3000㍍を越えて西風が時折強く吹く。しかし、耐風姿勢をとるまでではない。
北側の吉田口の場合は、この程度で耐風姿勢が必要になるかなーと思いつつ登る。
富士宮口は概ね登山道にロープがあるので、飛ばされそうな風が続くようならばハーネスにクイックドローを2個着けてきたので、ロープに装着し安全を確保出来るようにした。
9合目でAM11時を廻り山頂が近くなる。
天気は安定しており風のみ強くなる。
最後の鳥居をくぐり、PM12時30分全員山頂に到着。
風の流れが北側と違うのか、思ったほど強く無い。
記念写真を撮りFy・Fs・Mkの3名が剣ヶ峰に向かう。
残りのメンバーは先に下山。
PM1時15分、剣ヶ峰組も下山開始。
30分程で8合目に到着して、先発組と合流。
アイゼンを脱ぎ山頂から2時間30分で5合目に到着。
観光客があふれている。
明日は天気が悪くなる予報が出ているので、1400mの水ヶ塚駐車場まで下りてテントを張ることにした。
PM4時過ぎ5合目を出発して、20分程で夕闇せまる駐車場に到着。
早速テントを設営。
これで、夜に雨が降っても凍結で帰れない状況は無いだろうと安心する。
PM9時まで話をして就寝。

11月24日(祝)

AM5時起床 曇り
雨は降らなかったが、寒さでテントに霜が降りて濡れていた。
7時にテントを撤収して帰路につく。
裾野の一般道路の北側面が一部霜で凍結しており、車がスリップして一瞬ヒャーとさせられた。
高速道路に入るも朝のため、三連休の混雑もなく横浜町田インターに到着。
朝9時から営業しているスーパー銭湯で汗を流し、昼食ころには各自が帰宅して山行を終える。

Y . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.