安達太良山

 

2009年2月21~22日

参加者 : 7 名

2月21日 曇り

前日の前線の通過で雨は上がったものの、東北道は強風が吹いていた。
郡山で用事を済ませたKさんを二本松駅でピックアップ、総勢7名になる。
奥岳スキー場駐車場のブリザードを予想して、二本松駅前で雨具を着けプラブーツに履き替える。
岳温泉から奥岳スキー場への途中でチェーン装着。駐車場は結構いっぱい。
想像通りの地吹雪でゴンドラも止まっている様子。リフトに長い行列ができていた。

天気は曇り、スキー場の脇から登り始める。樹林帯を抜け、いよいよ勢至平へ。
強風の為にトレースがすっかり消えてしまっている。
ラッセルしながら一歩一歩進む。
何年か前の鉄山の強風には及ばないけれど、結構吹いている。
鉄山の尾根がどんどん近付いてきて、くろがね小屋に到着。
満員とのこと。
2年振りのくろがね小屋はな~んにも変わっていない。
Sさん少し老けたかな?
ここで大宴会!というところが、最近は皆さん品行方正。
お酒は乾杯程度。
お蔭様でごはんもおかずも売り切れて、食当としては嬉しいかぎりです。
小屋の外の風のうなりを聞きながら眠りについたと思ったら、相部屋になった茨城の大トラ君が大騒ぎ。最近の稜朋会の面々の爪のアカでも飲ませたい。

2月22日 快晴

何とか無事に夜が明けると、天気も快復し風も治まってきた。
気温マイナス6度。
アイゼンを着けてから、Sさんの見送りを受けて出発。
今年は暖かくなった後、雨が降ったりで雪の状態が不安だった為に鉄山は取り止めにして、安達太良へ向かう。
峰の辻から望む安達太良の山頂にすっきりと飛行機雲が天へ伸びていた。
ルートをはずし、途中からダイレクトに山頂へ。
膝までのラッセル。後続パーティーがついてきた。
相当風が強かったのだろう、雪面いっぱいにえびの尻尾が模様のように広がって浮かんでいる。風紋が大きな曲線をくねらせている。
頂上から峰の辻へ。

そして後は各自思い々々に勢至平へ一気に下り、皆揃って奥岳スキー場へ。
岳温泉に浸かり、ニコニコラーメンとお決まりのコースで締めくくった人も。
和気藹々、楽しい山行でした。

T . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.