残雪の阿弥陀岳南稜

 

2009年4月11~12日

参加者 : 3 名

4月10日(金) 晴れ

PM10時 新宿西口スバルビルを出発し一路小淵沢インターを目指す。
高速道路は渋滞もなく順調に小淵沢ICを出る。
夜中の1時30分過ぎに八ヶ岳美術館の駐車場に到着。
テントを設営して、軽くビールで山行の無事を願って就寝。

4月11日(土) 快晴

AM6時過ぎ起床 朝食後テントを撤収して、7時過ぎ舟山十字路のゲートに車を移動。
他に車が一台も止まっていなかった。山は貸し切りと内心喜ぶ。
支度をして7時30分スタート
今回は旭小屋経由でテント場に向かう。
快晴無風で暑いくらいの陽気のなか、林道を1時間で旭小屋に到着。
小屋の裏側より急登50分で尾根上に達する。
初日で荷物が重いし、先もまだ長い。
途中からアイゼンを装着。
ボッカを5時間で昼過ぎに青ナギ手前の平らな立場山森林帯にテントを設営する。
風が無くトカゲを決める。
雪のテーブルを作って、ボッカした酒で昼間から宴会。
PM7時 明日の登攀に備えて早々に就寝。

4月12日(日) 曇りのち晴れ

AM3時起床 曇っているが風が無く見通しは効く。
阿弥陀岳南稜が良く見通せて登攀に支障は無い。
AM5時20分テントを撤収し多少軽くなったとはいえ、冬の装備を担いでの登攀は体力を強いられる。
1時間の急登で無名峰へ。
そこからは赤岳、権現岳、富士山が見渡せて、天気が急速に良くなってきた。
右側に張り出した雪庇に注意しながら進む。
第1岩峰、第2岩峰を越えて第3岩峰の基部につく。
テント場から2時間で到着。
ロープを出して登攀の準備をする。
基部付近には雪が無いが、トラバースした裏側からは完全に雪の世界となる。
ルンゼ入り口のボルトをビレーポイントとして、S・Fリードで登攀開始。
ルンゼに入るトラバースがいやらしそうだ。ピッケルのピックとアイゼンの前爪をきかして超える。
ルンゼ内は完全にクラストしており、ピッケルとバイルを打ち込みながら一気に1ピッチを終える。
2ピッチ目はY・Fがそのままツルベで伸ばす。
1ピッチ目と同じく、ピッケル・バイルが小気味よく効いて、ビレイポイントのボルトに3人が集合する。
ロープを外し雪の無い草付きを登り第3岩峰の頭に出る。
暫く安定した消え気味のトレースをたどり第4岩峰へ。
出だしの3~4mのトラバース地点の雪が不安定なので、再びロープをつけて慎重に通過する。
その上は、ぼろぼろの岩場を慎重に登るとビレー点がある。
階段状を10mほど慎重に登るとAM10時40分 阿弥陀岳山頂の一角に出た。
山頂には一人も居なかった。赤岳には人影が見えている。
まもなく、昨日我々のテントを通りすぎた2名パーティが上がってきた。
食事を済ませてAM11時20分御小屋尾根へ向かって下山開始。
トレースはあるが1時間は急勾配の雪と泥の斜面。
閉口するぐらいに嫌になる。
雪面が腐っているので、トレースの上を歩いても時々股まで潜り体力を消耗する。
4時間かけて御小屋山に到着。
そこから舟山の十字路に向かって赤布に引っ張られて下山。
1時間下ったところで道標のある場所に到着。
左手に登山道があるが、右前に赤布が続いていたのでショートカットできると思い赤布につられて急勾配の斜面を下る。
途中で、冬道の赤布にしては急すぎると感じつつ尚も沢筋を下る。
既に時間はPM4時を廻り、時間的には車の所へ着くはずであるということで作戦会議。
地図とコンパスで現在地点を予測。
左側の尾根を20分程登り返した。
運がよく、林道に出て15分くらいでPM4時40分に舟山十字路に到着。
長い一日が終わった。
帰りは恒例の温泉に入り、大渋滞の中央高速でPM10時30分京成上野駅前に到着し山行を終えた。

Y . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.