初冬の阿弥陀岳中央稜

 

2009年11月22~23日

参加者 : 2 名

11月22日(日)
夕方4時新宿スバルビル前を出発し一路小淵沢インターを目指す。
連休であるが下りの高速道路は渋滞も無く順調にインターを出る。
午後7時前に舟山の十字路駐車場に到着。
気温0度 テントを張り夕食をとり8時に就寝。

11月23日(祝)
朝4時過ぎ起床 天気晴れ。
朝食を取り荷物をまとめ、テントを撤収し午前5時30分舟山十字路からヘッドランプを点けて出発。
南稜への別れ道を過ぎる頃薄明るくなる。
広河原本谷を渡り左岸沿いに登る。
積雪が本格的に出てくる。
晩秋とは思えない様相になった。
左岸から沢を石づたいに進み、スタートして1時間40分で二股に到着。
右俣に入ってすぐ枝に古い銀テープが垂れており中央稜の取り付きに到着。
アイゼンを着けても良いぐらいの積雪になる。
休まず登りにかかる。
20分で視界が良くなり前方に中央稜、右手に南陵が見える小高い頂に到着。
ゲートから2時間。
天気が予想に反して晴れ、中央稜の第1岩峰が壁のように見える。
ハーネス アイゼンを装着し第1岩峰を目指し急登する。
トレースは無いが枝をかき分けての浅いラッセル登行。
1時間弱で岩峰下へ。
そこから右へトラバースして岩峰の右端に着く。
大きな傾斜の緩いルンゼ50メートル登ると第1岩峰の上に飛び出す。
続いて第2岩峰だが、ハイ松と岩稜と雪のミックス登山になる。
岩稜帯は積雪が少ないのでアイゼンの使い方に神経を使う。
御小屋尾根を左に見ながら合流点を目指す。
中央稜の最後の登攀に神経を使うが合流点へ。
取り付きから3時間で到着。
山頂まで10分くらい。
この頃から、天気が高曇りになってきて風が強くなり直ぐに下山開始。
御小屋尾根は4月に比べて雪が少ない分深みに入らず予想以上に早く下れて、3時間で舟山の十字路に午後2時過ぎに到着。
帰りは鹿の湯で汗を流し、連休の渋滞にはまりながら午後7時30分に新宿に到着した。

Y . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.