鬼 面 山

 

恒例の納会は那須高原のF氏山荘を借りて開催されます。
翌日は茶臼岳か朝日岳に登ることが通例です。時には風が強くて途中から引き返して来たこともありました。
昨年末の計画書では「鬼面山」に登ることになっていました。
エ!どこにあった?
私の認識不足もあるのでしょうが、早速地図を調べてみましたら朝日岳から東に派生する尾根の末端が「鬼面山1616m」でした。
実際に現地へ行ってみても、特徴のあるピークはありません。
何となく尾根の末端が盛り上がっているだけでした。

ところで、日本百名山に那須岳という山名がありますが、実際に那須岳というピークは有りません。
茶臼岳を那須岳と云っている人がいますが、多くは茶臼岳・朝日岳・三本槍岳を那須連山と云っています。
また、那須五山と云って南月山・黒尾谷岳を加えている人もいます。
どうもこの地の呼称が曖昧なのは、栃木県と福島県の県境にあるからでしょうか?
三本槍岳の言い伝えでは、会津藩と白河藩と黒羽藩がそれぞれ山頂に槍を立てて藩境としたことから山名がついたそうだ・・
もう一つおまけ・・
那須連山の最高峰は三本槍岳1917mです。

話を元に戻そう。
「鬼面山」の正式な山名を識ってますか?
(オニズラヤマ)(キメンヤマ)(キメンザン)
Wikipediaで調べてみましたら(きめんざん)が正しい山名です。
ところで、「鬼面山」は以下の通り存在します。
1) 長野県伊那山地1889m
2) 福島県安達太良連峰1482m
3) 福島県岩瀬郡1021m
4) 栃木県那須連山1616m
我々が登りに行ったのは4番目那須連山の「鬼面山」です。

峠の茶屋駐車場のすぐ上から明礬沢へ下っている踏み跡があります。
沢の右岸にそって下って行くと、小さな沢を2つ越した所で消えています。
そこから熊笹と灌木の急な斜面になります。
よく見ると古い赤布がありましたので、誘われるように登って行きますと朝日岳から鬼面山につづく尾根に近づきますが、右側にもう一本小さな沢が入っており、結局地図上で朝日岳の東1816mと書かれている小さなピークに追い上げられてしまいました。
鬼面山へ登るには、早い時点で明礬沢の堰堤を越えて取りつくことが正解のようです。
それにしても藪こぎが酷いです!!
雪がついたら雪崩の心配もあるしな~



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.