雪の蓼科山

 

2010年3月13~14日

参加者 : 6 名

2010年3月13日(土) 晴れ後あられ

午前8時 新宿西口スバルビルを出発。
中央高速道路は渋滞もなくノンストップで2時間、諏訪インターを出る。
食料調達のためインターを下りて直ぐの西友に入る。
夜は鍋ということで材料と酒を調達。
午前11時前に諏訪の街を出発してビーナスラインに乗る。
1時間で駐車場のある女神茶屋に到着。
道路には雪は無いが駐車場には積雪がありチェーンを付けていない為、、入口付近に車を止める。
食料は男性陣に振り分け登り始める。
寒冷前線の通過で時折あられが降ってくる。
雨で無いのが気休めであろう。
駐車場からの登山道は積雪がありトレースを外さないように登る。
1800mポイントを越えるころ、視界が悪くなり雲の中に入ったのか、時折強いあられが降る。
幾つかの急登を越え、1時間40分で2100mの道標が出てきた。
平らな森林帯なので予定通りテント設営に入る。
午後2時30分に全て終了しお茶の時間となった。
積雪は50㎝を越える位であろうか?
明日の天候の回復を願って午後4時過ぎからボッカしたビールと梅酒とKさんが持ってきたワインとチーズの乾き物で酒宴が始まる。
このワインは美味しかった。
日が落ちてランタンに灯りが点くと鍋料理が恋しくなり料理長のKさんがカレー鍋を作り始めてくれた。
生肉あり、豆腐あり、野菜ありと普段の合宿では上げられない食材が食欲を増進し、梅酒とビールがより美味しくなる。
久しぶりに30代・40代の会員も加わり、話が切れることなく夜9時まで続く。
鍋のボリュームが多く、生うどんが食べられずお持ち帰りになる。
寝る頃には風も止まり、テントの外が静かになった。
テントから出ると満天の星空に変わっていた。
明日の登頂を楽しみに寝床に入る。
いつもの通り皆が寝付くのを待ってFが最後に寝る?
翌朝の話では一番最初に寝付いたとの話であるが!

3月14日(土) 快晴

午前3時50分ぎ起床 快晴
6人で寝ると放射冷却が感じられず思ったほど寒く無かった。
朝食は代表が料理長になり早くて食べやすい力ラーメン。
アタックザックに装備を詰め 撤収の事を考慮して大物の荷物を整理してから 午前5時30分、少し白みかかった中を出発する。
森林帯の中では風を感じなかったが、1時間登ると森林限界から岩稜帯に入る。
山頂近く2500m付近では風が強く寒い。
午前7時に蓼科山頂上。
360度の展望に感動する。
寒さを避けて休業中の蓼科ヒュッテ横で休憩。
下りは40分でベースキャンプに到着。
テントを撤収して1時間弱で駐車場に着く。
10時過ぎには蓼科共同浴場で汗を流す。

帰りは渋滞もなく午後2時に新宿に到着。
楽しい雪の蓼科山幕営生活の2日間であった。

Y . F  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.