5月合宿 奥大日岳

 

2010年4月29~5月1日

参加者 : 4 名

2010年 4月29日(祝)

出発の朝、急きょ一名不参加の連絡があり4名となるが雷鳥平がベースの為、荷物負担も少なく初日を有効に使う計画通り、夜行発で一路立山へ向かう。
途中休憩したPAでは月も見れて天気回復かと思いきや、美女平では土砂降りとなってしまった。
更に高所の室堂では吹雪いており、午後に回復の天気予報を信じてバスターミナル待機となり、初日有効利用での奥大日ピストンもなくなる。
12時過ぎた頃より吹雪きは収まったが、天候の回復は望めないまま行動を起こし、雷鳥平へ向かう。
みくりが池の先の雷鳥生息地にて運良く?雷鳥のつがいに出くわすが、これが滞在中の悪天の前触れであつたとは・・・。
雷鳥平まで1時間強で到着、幕場ではテント村ができており我々も一角に2泊滞在なので念入りに設営する。
この幕場はトイレ内に水場があり、さらに水洗できれいに管理されており有難い。
結局午後も時折あられまじりの降雪が続く。

4月30日(金)

二日目は2時に起床するが、天気は相変わらず悪く待機がてらにもうひと寝する。
再度4時に起きた時は別山方面はガスで何も見えない状態であるが、奥大日岳方面はガスが切れ始めたので天気回復を望み6時20分に行動を開始する。
新室堂乗越し経由で尾根へ上がると、昨年登った早月尾根の下側のみが見えたが剱岳はガスの中。
また、乗越しからみた奥大日までの尾根筋はやはり雪庇が出ており、ルート取りを気を付ける事を再認識する。
室堂乗越しへ着くと先行者が二名いたが一人は早々とスキーで下る様であり、もう一人は我々の少し前を夏道ならトラバース気味に登る所を雪庇から少し距離を置いて直登していた。
先行者のトレースを使わせて頂いたがその先行者は天気が悪くなってきたので途中で引き返してきた。
我々はもう少し様子を見ながらとして先へ進む。
しばらくはクラストした尾根上を行くが、2511mピーク前の尾根を右へ回り込むコースとなるが、2m程の雪壁状態であり先の状態が見えないので慎重に崩しながら超える。
更に進んだ所でガスが濃くなり始めたので撤退を決め2511mピークまで行く事にしたが、やはり奥大日は見えず。
下りではガスではぐれない様にコンテで進む。
先刻の回り込む雪壁箇所を見逃さない様に登る時に遠方の尾根に目印を付けていたので難なくトレースへ戻れた。
視界は悪くなり10m先も見えず、室堂乗越しから直登したルートを見誤ると雪庇に近づく危険があり注意しながら進む。
しかし注意するあまりに予想以上に斜めに降りており、トラバースして下降する予定が夏道に近いルート取りになってしまった。
知識としては分かっていたが、実際に感覚とのズレがかなり大きい事を身をもって体験する事になる。
幕場には10時に戻り、その日はテント内でこれからの山行計画やら海外の山、etcでのんびりと一日を過ごすが、外はやはり時折あられまじりの雪。

5月1日(土)

三日目も結局吹雪いたままで朝一で帰路につくが、みくりが池からホテル前までの遊歩道が吹き溜まりとなっており深いところで膝まであり、予想外のラッセルを強いられる事になる。
朝一でがら空のアルペンルートで立山へ戻るが、阿弥陀が原辺りから太陽が今更のように出てきて天候に恵まれなかった山行であった。

しかし、天候が悪い状態での行動と感覚が如何にあてにならないかを体験したので良い経験になった山行でもあった。

E . N  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.