越後駒ケ岳

 

2010年7月24~25日

参加者 : 8 名

2010年
7月23日(金)
夜10時30分に武蔵浦和駅前を出発。
Ⅰ号の車と合流する為に関越三芳PAに向かう。
夜11時すぎに予定通り合流。
2台の車は一路小出インターへ。
深夜2時30分にインターを出て、近くの【道の駅ゆのたに】で明け方まで仮眠するが、蒸し暑い夜であった。

7月24日(土)
朝5時30分出発し登山口の枝折峠に向かう。
40分ほどで峠の駐車場に到着。
登山の準備を終え朝食をとり、6時30分に出発。
枝折峠までの車窓から男性的な越後駒ケ岳を見て山の大きさに惹かれる。
山頂までが遠く感じられた。
梅雨明け後の日差しが強く途中、駒の小屋まで水場が無い事を意識して給水に注意する。
小倉山までの3時間は荷が少ないのでオーバーペースにならないように注意して、奥只見 の湖そして荒沢岳を眺めながらの登山となる。
8人パーティは久しぶりで、山岳会らしい話が尽きずに時間が過ぎる。
3時間も歩けば山頂への見通しが見えるものであるが、駒ヶ岳は懐が深く、山頂は遥か上の ほうで、コースタイムに書かれている5時間がしっかりと身体で感じる。
水の無い【百草の池】に到達すると雪渓が上部に見え傾斜が強くなる。
小さな岩場が出始め、登り始めて5時間で雪渓の下にある駒の小屋に到着。
雪解け水がパイプで引かれており、浴びるほどに飲める。
小屋は綺麗に整備されており、山が深いので登山者が少なく落ち着いた雰囲気であった。
小屋からは高山植物が雪解けを待っていたかのように咲き、目を楽しませてくれる。
5時間30分で山頂へ到着。
記念写真を撮り一路下山になる。
時間が稼げるかと思ったが、予想以上に時間がかかり中高年の体力の無さがあからさまに証明された。
《昔取った杵柄》は通用しなくて、現実を把握した行動を取る事が事故防止に生かされることを再認識する。
今日は無理しての帰京ではなく、銀山平の温泉につかりテント泊の予定。
のんびりと会員同士の親睦を図りつつ、山岳会に在籍して山へ行く楽しさを味わいながら5時間掛けて下る。
午後4時30分に峠の駐車場に戻った。
道具を整理し30分で奥只見の銀山平に到着。
午後8時まで営業している【白銀の湯】につかる。
8人から割引があると聞き8人のすごさにびっくり。
入場料の支払いは機械でなく直接の支払いで、人間臭くて良い。
半年近く7mの雪で埋もれているこの郷の心を感じる。
入浴後【白銀の湯】の主(あるじ)から銀山平部落四方山話を聞き、親近感を感じる。
暗くなる前にテント場を探さなければならないので、主に相談すると荒川岳入り口近くの駐車場を紹介されるが、初めてなので暗くなってしまう事を説明し、秘密の場所(直ぐ近く)を紹介され其処にテントを張ることにした。
2張りをなんとか明るいうちに張り終えて、6人天に全員が入り宴会が始まる。
会に戻った創立会員のNさんが35年ぶりの山岳会の雰囲気に酔う。
これからも中高年の楽しみに会へ参加してくれれば、それに影響されて他のOBも会への復帰があるかも・・。
夜9時前には疲れも手伝って就寝する。

7月25日(日)
朝4時 起床し朝食を摂りテントを撤収して5時30分 銀山平を後にする。
晴れた早朝の高速は空いており、午前9時過ぎに予定通り武蔵浦和に到着する。

Y . F  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.