南アルプス縦走(荒川三山・赤石岳・聖岳)

 

2010年8月7~10日

参加者 : 9 名

2010年
8月7日(土) 晴れ
前回の越後駒に続き、今回も大人数での山行となった。
またOBの方やJr.君の参加もあり、楽しいPartyとなった。

前日夜、車2台での移動となったので、東名高速の港北SAにて合流。
すでに帰省渋滞が始まりかけていたのか、合流には少し時間がかかった。
合流後、畑薙第1ダムを目指す。
静岡インターを降りてからが長い。
山道を2時間ほど行き、4:30頃到着。
そのまま車内で仮眠。

畑薙から堪島まではバスで移動。
通常、始発便は8時らしいが、人数が多いこの時期は臨時便が出るようで、7時発があった。
バスは完全定員制(定員超えた人は、次の時間帯のバスとなる)。
扱いに慣れているとみえる運転手さんが、テキパキと捌いていく。
早めに準備して並んだおかげで全員が同じバスに乗れた。
大きなザックでも、みな自分の膝上に抱えての乗車である。
1時間ほどで堪島に到着。
各自朝食をとってから出発。
相変わらず初日はキツイ(私にとっては一番の苦手日)。
どうしても睡眠不足と重荷なのである。
またこの日は暑さも厳しかった。
1500m近く登ったところで千枚小屋に到着。
富士山が見えたが山頂にはガスがかかっていた。
テン場は小屋からさらに奥であった。
天気がよかったので、テントの外で食事の準備を行う。
並行して乾杯が行われ、宴会も始まった。
食事はカレーで、疲れていても体に入っていった。
この日は早めに就寝。
あっという間に眠りに落ちていた。

8月8日(日) 晴れ・曇り時々雨
本日は荒川三山を越え、さらに赤石岳をも越える百間洞までの長丁場。
2時に起床、4時半ごろ出発。
準備を整えて出発するころ、ちょうど日の出であった。
キレイな朝日と富士山を拝むことができた。
出発してまずは荒川三山を目指す。登りはキツイが山頂での展望はお見事。
北側を見れば塩見や甲斐駒が見える。
またこの先に登る立派な赤石も見える。
悪沢岳から下る道中、素晴らしいお花畑が広がっていた。
一眼レフカメラまで飛び出し、撮影タイムとなった。
荒川小屋まで来たが、この辺りでようやく中間地点。

13時ごろ赤石山頂に着いていればという目論見であったが甘かった。
ペースが上がらず、15時頃の到着であったかと思う。
本日はテント泊ではなく、小屋泊を計画していた。
小屋予約のために、ここでパーティを分けた。
あっという間に先行隊の姿は見えなくなった。
後発隊はマイペース、しかし途中でパラパラと雨も降ってきた。
疲れた体に追い打ちをかけるかのように、最後の下りが嫌らしかった。
大きな岩の下りに時間もかかる。
かなり下方にテン場が見えた。
あそこまで降りるのかと思うと、気持ちも凹む。
ヘッドライトを使うか使わないかの時間帯に小屋に到着。
すでに他のPartyは食事を終えていたようだ。
TVで明日以降の天気予報を確認する。
南のほうで温帯低気圧が発生して、本州に向かっている。
天気は下り坂のようだ。
到着が遅かったので宴会はソコソコで終了、かなりお酒が残ってままで床につく。

8月9日(月) 曇り・雨
朝食は早いもの順とのことで、混雑するかと思いきや、早めに用意していただいたので、2回戦に入れることができた。
あまり遅くならない時間で出発することができた。
またこのときは雨も止んでいた。
道中、青空を見せるときもあったが、雨は降ったり止んだり。
天候は安定しなかった。
いっぽう歩くペースは昨日とはうって変わり、足取りは確かであった。
最後の3000m級・聖岳の上りも順調であった。
15時前には小屋に到着。
もうかなりのテントを張られていた。
テント設営時に雨が止んでくれたのは幸いであった。
時間がたっぷりあったからか、ここまでの無事にほっとしたのか、残っていたお酒は全て飲み干されてしまった。

8月10日(火) 曇り
登山口から堪島までバスに乗ることを期待して、早目の起床。
のハズであったが20分ほど寝坊してしまった。
それでもテキパキと食事と準備を行い、ほぼ予定の時間に出発。
いいペースで下りたと思ったが、このルートも長かった。
登山口近くまで来たところで、登りの登山者とすれ違う。
話を聞くとバスに乗ってきたとのこと。
つまり我々が期待していたバスは既に・・・。
登山口まで降りたところで大休憩。
残っていた果物をここで全部いただいた。
堪島まで1時間弱を歩いた。
堪島はバス待ちの人でごった返していた。
バスの出発までは少し余裕があると思っていたが、ダイヤを確認したところ、まもなく出発する便に乗らないと、次便まで2時間以上の待ちとなるとのこと。
急いで受付へ。
全員が同じバスとはいかなかったが、分乗することでなんとか同じ時間帯のバスに乗ることができた。

その後、白樺温泉に入りここで昼食もとって、帰京となった。

H .  S 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.