三つ峠から清八山

 

2011年1月8日

参加者 : 5 名

1月7日(金)
夜11時新宿を出発し休憩なしで12時45分に三つ峠のバス停車場に到着。
三つ峠の町営駐車場まで10分手前でテントを張る。
満天の星に寒さを感じ、即シュラフに入り就寝。

1月8日(土)晴れ
朝5時起床
寒くて熟睡出来なかった。
気温はマイナス10℃ コンロをつけてテント内を暖める。
各自持参の朝食をとり、明るくなった6時45分テントをたたんで出発する。
町営の駐車場までは10分。
道路の雪が凍っており、車はチェーンが無いと走行できない。
バス停前の駐車場に停めて正解。
ここから1時間30分で富士山の絶景が見える四季楽園に到着。
快晴の富士山を各々が撮影し、開運山の山頂に向かう。
15分で三つ峠山頂。
気温氷点下10℃以下。目盛りが無いとの事。
風があり体感温度はどのくらいになるのか?
八ヶ岳の西壁にいる感じ。
山頂で富士の絶景を撮影し、9時に出発。
御巣鷹山へ向かう。
10分で通過、ここから高低差で200m強下る。
雪はあるがアイゼン無しでも下れる。
寒すぎで表面の雪が溶けない為ぬかっていない。
清八峠まで道標が殆んど無い。
2箇所ほど登山道が分かれ道になっており、地図が読めないとバス道へ下ってしまう。
清八峠から登りが少しあり、息があがる頃清八山山頂到着。11時。
富士山の撮影場所に適したところで、少し陽が昇って白みかかった富士山にはなったが美しい富士山が見られた。
ここまで南側に面した場所は雪が無い。
南アルプス、八ヶ岳、秩父そして富士山、東側の方向には丹沢、東京方面にはスカイツリーが見えるなど飽きさせない景色に疲れを感じない。
11時30分下山を始める。
来た道を少し戻り道標の無い分かれ道を西に向かって御坂山を目指して進む。
尾根とは言え登り下りを幾つか繰りかえし午後1時に天下茶屋分岐に着く。
景色が変わり河口湖を眼下にした富士山を見ての下山となる。
30分で天下茶屋の車道に出る。
旧御坂トンネルが目の前にありここから15分で車を停めてある三つ峠登山口に午後2時到着。
7時間の富士山を常に眺めた正月山行を終える。
帰りは温泉に入り、4時帰路に着く。
珍しく中央高速が空いており6時前に新宿に到着した。

初山行は好天に恵まれました。
今年は楽しい山行ができる予感がします。

Y .  F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.