北八ヶ岳 天狗岳西尾根

 

2011年2月26~27日

参加者 : 4 名

八ヶ岳の静かなルートと以前より考えていた。
天狗岳西尾根を年間計画に提案して採用してもらう。
西尾根は一般的には唐沢鉱泉より尾根に上がるが、今回は西尾根の末端より取り付く往復コースとした。
ここからのルートはほとんど人が入らず積雪直後はラッセルが必要になると思い輪かんを装備に入れていたが、当日は2月末とは思えない春山の陽気であつた事と周囲の積雪状況より不要と判断して車に残した。

2月26日 晴れ
唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐にある鳥居脇の林道が登山口であるが、案の定踏み跡すらなく人が通った形跡もなし。
最初はくるぶし位の深さで徐々に積雪が増し、途中で輪かんを取りに戻った方が良いのかとも考えるがそのまま進む。
林道から尾根に取り付いてからはラッセルが更に深くなってゆく。
途中で尾根を横断する踏み跡がいくつもあり、ルートを間違いそうになるが、これは獣道の様であり、あくまで尾根上を忠実にトレースが必要である。
足を踏み込んだ途端に周囲一体の雪面が沈下して一瞬ひやりとする。
Kさんがラッセルする時は歩幅が広いので踏み跡をたどるのがきつく、自分の手で足を持ち上げて何とか届く事もしばしば有り。
輪かんを付けている感覚より幅が広くなるとの事で、身に染みている動きなのかと思う。
小刻みに先頭を交代しながら進むが時間経過程に距離はかせげず、第一候補の幕営地として考えていた1800m付近に16時頃到着。
想定していた最長の時間(トレースあり時の2倍)がかかってしまった。
一体の雪面は柔らかく、踏み固め様としてもなかなか固まらず、テントの設営を完了してひと段落する。
1人で翌日のルートを偵察に行くが、空荷でもラッセルはきびしく赤布の進行状況を確認して、早々に引き返して次の日に備えることにした。
(赤布が有るが、これは営林署の管理用らしい?)
夕飯は定番のカレーうどんであるが、疲れていても食欲は出るのでありがたい。
明日は天候が下り坂の予報であるが、夜は満天の星空であつた。

2月27日
6時出発。
昨日と同様につぼ足でのラッセルが続く。
枯尾の峰が7:20であり、時間のみ経過してしまい登頂を考えると気が気でない。
計画立案時より行動時間に対してのタイムアップを考えていたが、予想以上に早い段階で決断が必要になりそうであったが、現実は更に厳しい状況であった。
枯尾の峰を越えて更に進むと唐沢鉱泉からのルートと合流すはずであるが、なかなか辿り着けず、夏ルートを若干はずしているのかと迷っていた。
第一展望に近い所まで来たと思っていたところ、しばらく行くと唐沢鉱泉との分岐が出てきた。
地図にて枝尾根を1本見誤り、実際は手前にいた事が判明。
現在地を確実に把握できていなかったのが痛いところである。
分岐通過が10:15。
予定が大幅にずれ込んだ為に、登頂はあきらめて第一展望台で引き返す事にする。
下りは自分達で作ったトレースを戻るだけであるが、行きとの大違いの落差(楽さ)があり、早々幕営地へ戻る事ができた。
撤収をして12時に出発して登山口着14時30分。
近くの穴場的温泉に立ち寄り帰路へ着く。

今回はラッセルの訓練と言って過言ではない延々とルートを作った感じであった。
トレースがない雪面ではいかに正確に無駄のないルートを辿れるか、難しさも認識できた。
コースタイムはトレースあり時に比べて3倍もかかってしまい、計画で想定の2倍を遥かに超えてしまった。
雪質は表面は堅く体重をかけると潜る固さであり、輪かんを使っても逆にぬけなくなる事も考えられる。
ツボ足と比較しても一長一短があるかも・・。
実際に比較ができれば体感できたので、その点でも輪かんを車に残してゆかなければと後悔。
最近ほとんどがトレース付ルートを利用してきていたので、この様なラッセルは良い経験になった。



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.