カラコルム・トレッキング3
スカルド~アスコーレへ(2011・6/12~13)

 

2011年6月10~7月08日

参加者 : 1 名

3)スカルド~アスコーレ(6/12~13)

カラコルムは国境が確定していない紛争地域なので、登山隊のみならずトレッキング・パーティでも観光省にてブリーフィングを受けなくてはならない。
以前はラワルピンディで手続きが必要であったが、現在はスカルドに出先が有ってそこで手続きができる。
観光省に向かう前に現地エージェントである「ナジール・サービス・エクスペディションズ」に立ち寄ってオレンジジュースをご馳走になった。
10分もしないうちに気持ちが悪くなっておう吐してしまった。
粉末を溶いたジュースだったので水があわなかったのか?
観光省に着いてからも再びおう吐した。
バザールで買物をしてホテルに帰ってからもおう吐した。
一体どうなったのか解らない・・
朝食で食べた油で揚げたチャパティかもしれない?
以後、食事を2食抜くことになった。
同宿の韓国登山隊は、荷上げ用の梱包を廊下で盛大に行っていた。

一晩寝て若干回復。
スカルドから先はランクルに分乗してアスコーレへ向かう。
インダス川に沿って30分位進むとシガール川と合流する。
我々はシガール川にそって、「シガール」、「チュートラン」、「ダッソー」と小さな村を通り過ぎてブラルド川に入るといよいよアスコーレへ・・・
途中の村は作物も茂り、豊かさを感じる。
村が途切れた所は濁流が逆巻く川岸のダートを進む。
時には、以前に崩れたと思われる所をランクルから下りて歩く。
道路の崩落で立ち往生することが多いそうだが、運よく順調にアスコーレへ着いた。
川岸の段丘にへばりつく貧しい村だ。
キャンプ地は村の中に出来ていた。
いよいよ今日からテント泊。
時間が余ったので、対岸の学校らしき場所へ足慣らしに行く。
食事を抜いているので歩くことがキツイ・・
明日からのトレッキング大丈夫だろうか?
心配になってきた。

【写真】 稜朋会HP ⇒ リンク ⇒ 稜朋会フォト・フォルダ ⇒ 磯部

K . I 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.