新緑の雨飾山

 

2011年6月18~19日

参加者 : 5 名

昨年、晩秋に降雪で中止になった雨飾山。
今回は久しぶりに参加したYさん、それに女性2名が加わり賑やかな山行になった。
梅雨時で心配した天気が山頂までは曇り空で、高山植物が咲き乱れ女性陣は感嘆の連続。
特にシラネアオイが目に残る。
下山を始めたころから弱い雨が降り始め、駐車場まで雨が降ったり止んだりの山行となつた。
下山後はめったに行けない明治時代からの歴史ある秘湯の雨飾温泉に宿泊し喜びを噛み締める。

6月17日(金)
夜10時定刻に新宿を車で出発。
高速¥1000の最後の土日という事でいつもより混んでいる感じで中央高速に乗る。
午前1時過ぎにみどり湖PAに到着、朝4時30分まで仮眠する。

6月18日(土) 曇り後小雨
仮眠後5時過ぎに豊科インターを出て一路小谷温泉に向かう。
6時30分過ぎに小谷温泉側の雨飾登山口駐車場に到着。
トイレのある整備された駐車場である。
朝食をとり午前6時50分出発。
土の養分が豊富なため巨大化した水芭蕉が咲き乱れ、木道で保護された湿原を15分歩くと標高差900mの急登が始る。
高山植物が雪解け直後で、一番きれいな季節。
百名山とは別に高山植物のメッカの山でもある。
女性陣の笑い声が絶えない。
雪深い山なので所々残雪が出てくる。
暑くも無く、虫もまだ湧くほどでもないので寝不足の疲れを感じない。
高山植物の写真を撮る機会が多い割には時間が遅れない。
2時間経過して大きな雪渓をトラバースする荒菅沢に到着。
まだスプーンカットになる前なので滑るのを注意しながらアイゼン無しで登る。
雪渓を過ぎると一気に笹平目指して登りになる。
1時間で笹平に到着。
雨飾温泉側のコース(梶山コース)が合流する。
北面なので雪が多い。(バケツになっていないので登山者が少ないのか)
途中、イワカガミ・シラネアオイ・その他(名前が自信ないので)の高山植物のオンパレードで飽きがこない。
既に熊笹帯に入り、ガスの流れが速く景色が見られない分、花に感激する。
午前10時30分に山頂到着。
記念写真を撮り、行動食を取って午前10時55分下山開始。
雨が降り始める。
雨具を着け、ひたすら下る。
雨は本降りにはならない。
雨具を途中で外したり再び着けたりを繰り返す。
荒管沢の雪渓に到着し、下り気味なので持って来たアイゼンを装着安心して下る。
アイゼンは直ぐ外し更に下る。
第2ステージの秘湯雨飾温泉に向けて疲れた足に気合を入れる。
午後2時30分に小雨降る駐車場に到着。

荷物の整理をし車で雨飾温泉に向かう。
一度国道に出て糸魚川方面へ走り、根知の信号が出ると雨飾温泉方向の看板が大きく現れ迷わずに進む。
温泉まで舗装であるが小屋近くになると道は狭くなり勾配があり車が唸りを上げて登って行く。
午後4時過ぎに雨飾温泉に到着。

山奥の一軒宿で電気が無く秘湯と言われる所以であろう。
持参したビールを沢の水で冷やしておきながら受付を済ませる。
2部屋で5人は十分な広さ。
20人位の登山ツアーが机上講習をしていたので、混む前に源泉風呂に入り秘湯の気分を堪能する。
6時の食事まで1時間あるので外のデッキで冷やしてあるビールを飲みながら女性陣の持参したツマミで世間話が盛り上がる。
5月の立山合宿は男性陣だけのパーティなのでつまみは乾き物しかなかったが女性陣がいると手が込んでいる。
小屋の夕食の時間になり山小屋とは思えない多くの料理が食卓に並んだ。
糸魚川まで1時間という距離が関係しているのか?
小屋の主が饒舌で話題が切れない。
7時に部屋へ戻って2次会と思ったがここ数年お酒の量が極端に減り、寝不足もあり横になっていると自然に寝るモードになっていた。
襖はあるが鴨居から上は筒抜けなので夜9時の消灯以降、他の部屋から静まり返った部屋に話が響き渡ったとの朝の話であった。

6月19日(日)  曇り後晴
夜明け前の午前3時頃から団体が起き始め5時出発の準備を始め足音で目が覚める。
ツアー登山の団体だから他の客の事が気にならないのか。
普通は真夜中なら静かに準備をして、静かに小屋から出て行くのがマナーだがガイドやツアーリーダーの指導がなっていない。
団体が出発した後、再び温泉に入り6時30分に朝食が準備され、静かになった食堂でこれまた十分すぎるメニューで満足する。

午前8時前に秘湯の雨飾温泉の主に挨拶し一路糸魚川インターを目指す。
時間にして1時間でインターに入る。
日曜日の午前中なので道路が混まないうちに武蔵浦和に午後1時前に到着し笑いの絶えない山行を終える。

Y .  F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.