雪の金峰山

 

2012年3月31日~4月1日

参加者 : 4 名

3月31日 雨のち晴れ
寒冷前線の通過で天気が悪い為、午後2時新宿出発に変更。
雨の新宿を出発、談合坂まで来ると雨が上がった。
天気が回復して青空が出始めた頃、須坂インターを出る。
案内板に導かれ瑞がき山荘の駐車場に午後6時前に着く。
車は一台も止まっていない。
直ぐにテントを張り、鍋料理の準備に入りながらビールで明日の無事登頂を祈願する。
駐車場にテントを張ったので、重い鍋料理の材料も町で作る時に負けない材料を仕込んだ。
仕上がりはすこぶる評判が良かった。
山で食当になるのはめったに無いが今回は完食で一安心。
テントの中で夜10時まで四方山話で盛りあがる。
ロープの結び方を再確認して新人にレクチャーをしたり、地図とコンパスの使い方を説明して夜が更けた。

4 月1日 晴れ時々曇り
朝3時の起床予定が1時に起きてしまい、全員そのまま食事の準備に入った。
食後2時間、ただ夜明けを待つのみ。
明るくなりテントを撤収して5時30分に出発する。
富士見平小屋までは雪は無いが、前線の通過後寒気が入ってきた為気温は低い。
大日小屋までの途中で雪が出始めアイゼンを着ける。
新人が12本爪アイゼンを着けるのが始めてなので、レクチャーをしながら歩行する。
大日小屋までは北側なので雪が溶けては凍りの繰り返の為、雪面がガリガリの氷状態で12本爪アイゼンの威力を感じる。
大日岩から森林限界まで1時間30分。
ここまではアイゼンとストックのコンビネーションを教えながら稜線に抜けた。
流石に寒気が入っている為、風が強い。
時折、黒い雪雲が太陽を隠す。
毛糸の手袋だけでは冷たくてオーバー手袋を着用する。
遠くに五丈岩が、その先に金峰山山頂が見えている。
山頂まで1時間ぐらいと見込む。
新人はストックからピッケルに換え、アイゼンとコンビネーションをレクチャーする。
寒気と風とトラバースの緊張に新人のストレスは最高潮に・・。
今までハイキングしか経験の無い女性がアイゼンの爪をスパッツに引っ掛けずにの歩行は大変だ。
全てが初体験との事で、周囲の景色を見る余裕が無かったと下山後の談であった。
新人の頃、皆がそうであったと同様に・・。
午前10時40分に寒風の中、山頂に到着。
風を避けて行動食を取り11時に下山開始する。
新人をFが、KさんをⅠさんがサポートして、滑落防止を最重点にガリガリの凍り雪を下降する。
兎に角、アイゼンを信頼して使いこなす事に集中させて、雪の消えた富士見平小屋まで転倒する事なく下山できた。
午後3時過ぎに9時間30分の行動を終え、新人の雪上技術指導も終えて、全員が駐車場に戻った。

午後4時に帰路につくが高速道路が事故渋滞で動かず、新宿で出口を間違えるおまけまでついて、渋谷に着いたのが午後9時30分近くになった。

Y . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.