残雪の霞沢岳

 

2012年5月4~6日

参加者 : 6 名

5月、北アルプスの春山は岳人にとって心がときめくシーズンである。
槍ヶ岳・穂高岳はこの時期定番であるが、今回は華やかな槍・穂高から離れていぶし銀の山と言われる霞沢岳に合宿を企画した。
この春に入会した新人を含めた男性6人での活動である。
当初、5/2の夜出発を予定していたが、5/3~4にかけて天気が荒れる予報の為、一日出発を遅らせて5/3夜にした。
アタック日、5/5の好天を願って・・。

5月4日 曇りのち晴れ
5/3午後10時、新宿出発に変更。
出発を一日遅らせたので連休の渋滞もなく松本インター経由で深夜の午前2時30分に沢渡に到着して仮眠。
朝5時30分のシャトルバスに乗り晴れ間の見える上高地に6時。
朝食後久しぶりの上高地・横尾林道を談笑しながら明神に向かう。
毎度の事であるが初日は身体が重い荷物に馴染まず肩ベルトが食い込む。
天気は晴れて明神岳がよく見える。
例年より雪が少ない。
午前7時、明神館に到着。
例年のゴールデンウィークに比べて人が少ない。
天気の悪かった前日に入山しているのか?
我々は上高地・横尾林道から分かれて白沢沿いに徳本峠に向かう道に入る。
30分は雪が全く無く順調に距離を稼ぐ。
白沢から分かれ黒沢に入ると雪が出始め、ルートは沢沿いになる。
沢中の雪が薄く、水の流れる音も聞こえるので、時折トラバース気味に通過する。
上部で二股になり、ルートは左の沢に入る。
沢の雪が厚みを増し、ルートは徳本小屋近くまで沢通しに登れる。
標高差600mの後半は急勾配。
寝不足と重荷で息が上がる。
30分ピッチで登り詰め4時間で徳本小屋に午前11時に到着。
大正時代に建設、90年の風雪に耐えた旧小屋と昨年に建てた新小屋が軒を一つにして妙なコラボレーションの作りになっている。
興味本位で両方の小屋を覗くとランプが吊り下げられ、このランプに魅せられ泊まる人達も多いそうだ・・。
旧小屋は燻された香りが漂い、郷愁を感じさせる古き良き山小屋。
徳本峠から幕場予定のジャンクションピークまで、再び標高差300mの急登。
時間にして2時間の登りになる。
南側は雪が溶け、北側は雪が残るなどアイゼンなしでの登行に神経を使う。
新人も重荷に耐えて寝不足と緊張に歯を食いしばる。
午後2時に予定より早くジャンクションピークに到着。
何処でもテントが張れる。
徳本峠の幕場よりロケーションは優れている。
久しぶりの雪上幕営。
やる事が山ほどある。
新人にとっては全てが初めての体験。
テントの設営地を平らにすることから始まるが、これが疲れた身体にしんどい。
入れ替わりスコップの手を代える。
時折、雨が降り出す。
多分、寒気の影響であろう。
本降りになる前に全員テントに入り、荷物を整理してからお茶を沸かしやっと落ち着く。
夕食まで3時間もある。
今回は1人2本缶ビールをボッカしたが、ビールは夕食時に残し、早いが焼酎のお湯割で初日の慰労会が始まった。
飲みながらゆっくりとカレー作りの仕込みにも取り掛かる。
夕方からは風が強くなりミゾレに変った。
森林帯なので枝から落ちる雫が雨に聞こえて、明日の行動が心配された。
携帯の電波が時折取れるので、予報をチェックするとアタック日は晴れの予報。
夕食後は天候がますます荒れてきたので、明日は残った食料で豪華な朝食を食べて下山かな?
などなど、喧々諤々と無意味な論議する。
夜7時、寝不足と疲れと酔いで睡魔が襲い全員就寝。
夜中に何度か起き、テントの吹流しから顔を出し外の様子を見るが雪が降っている。
トレースが消え、行動がしんどくなるかな?
思いを巡らしつつウトウトする。

5月5日 曇り後晴れ後雨
午前2時45分起床。
風は猛烈に強いが雪は降っていない。
出発予定の5時に行動するか否かを判断することにする。
朝食後薄明るくなり外を見ると東の空が明るい。
テントの真上の雲の流れが速く時折青空が見える。
上高地の天気予報は晴れを出しているので行動することに決定。
新人のアイゼン調整をしたりして朝5時30分スタート。
トレースが薄っすら残っているが、今回はHさんがGPSを持ってきたので方向を確認しながら、南に200m進み、其処から西へ尾根上を進むのがポイント。
赤布の標識は無いに等しい。
森林帯の中を進み天気は急速に晴れる。
途中K1、K2,霞沢岳本峰が見えた。
インターネットで記録を読むと、本峰まで遠いと書いてあるが実際に見ても実に遠い。
ジャンクションピークから200m下降し、コルから本峰まで400m登り返さなければならない。
最低コルまで2時間。
ここで気持ちを引き締めいよいよアルパインルートになる。
K1への登りにかかる。
画像で見ていたK1直下の雪壁よりその手前の方が急であったが、登りではキックステップとピッケルのコンビーネーションで抜ける(下りではロープを張る)。
K1ピークからの展望は素晴らしいが、穂高方面は寒気の影響で雲が覆っている。
霞沢岳周辺と東側は晴れて展望が良い。
K1からK2へは急な下りであるがブッシュを掴み下れる。
ナイフリッジとトラバースが続くがアイゼンが良く効き、気持ちのよいアルパインルートである。
K2のピークを越えるといよいよ本峰へのルートが見える。
ここからは穏やかな尾根になる。
午前10時45分に霞沢岳2645mの山頂に到着。
兎に角、風か強いので少し下り風を避け行動食を取り大休止とした。
槍・穂高と比べて登山者が少ない。
我々含めて当日は13人しか登っていない。
2645mの標高があるのに、これくらいの人数しか登らない故に、いぶし銀の名峰と言われる所以であろう。
午前11時下山開始。
K1までは順調に進み、K1下りの雪壁でロープを張る。
新人にとって35mの初めてのロープワーク実践となった。
ここの雪壁を通過すれば安全帯に入り、ジャンクションピークへの200mの登りとなる。午後3時前にベースキャンプに到着。
また、雷鳴が聞こえ始めたので時間の問題で降ってくると感じ、夜の炊事の為の雪取り等の作業を迅速に行いテント中に入る。
早速ビールで完登の祝杯をあげる。
雨が降ってきてテント近くで雷鳴が聞こえるが、森林帯なので心配はしなかった。
食当が夕食の準備に入っている間、残った酒で談笑。
新人がつまみをボッカしてくれたので有難く頂く。
雨は夕立ぐらいで終え長続きはしないで止んでくれた。
明日は、午前中から雨が降る予報であるが、下山ということで皆はあまり気にしていなかった。
午後8時に就寝。

5月6日 曇後雨
午前3時起床。
天気は曇り、雨の撤収にならず皆安堵する。
各食当がボッカした食材は予定通り全て消化し捨てることも無く全く残らず食べた。
量が少なかったのか、食欲が旺盛だったのか?よく判らない・・・。
女性陣がいないので味に関しては調味料も少なく、良く言えばダイナミックな味であったのか・・。
午前5時30分テントを撤収して下山開始、
徳本峠まで300mの下りは登り以上に傾斜を感じる。
思ったほど早くは下れなかった。
途中、ショートカットルートに迷い込み、ルートを戻すために遠回りしたが午前6時45分に徳本峠に到着。
(そのまま進んでも、徳本峠を経由しないで下山ルートに合流できた)
穂高の山々は黒い雲に覆われ時折雷鳴が響き渡っている。
寒気が抜けきっていない事が判る。
小休止後、黒沢を一気に下って行く。
途中から雨が降り出し雨具を着ける。
上高地まで降ったり止んだりの天候になった。
明神館に午前9時過ぎ到着。
槍・穂高からの登山者と合流し、毎度の混み具合になって来た。
小休止後、一人で少し早めに歩き上高地で6人乗りマイクロタクシーを予約。
午前10時に全員上高地に到着。
予約してあったマイクロタクシーに即乗り込み沢渡へ向かう。
20分で到着。
山の道具を整理し、午前11時に東京に向け出発する。
連休最終日と言うことで高速に乗ると既に都県境で20kmの渋滞表示。
事故が無いように早めに運転を交代。

諏訪湖サービスエリアで温泉に入りすっきりして、午後5時新宿に到着。
無事に春山合宿を終えた。

Y . F 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.