日溜まりハイキング 百蔵山・扇山

2013年2月16日

参加者 : 4 名

2月16日(土) 晴れ
前日の夜まで雨が降り、当日は冬型の気圧配置で晴れる事は予想していた。
予想通り快晴であるが高気圧の張り出しで風が強かったのと昨日の雨が山では雪となり駐車場から歩き出して直ぐに雪道となった。
日溜まりハイキングにならないのでは思っていたが結果は縦走中、風の通り道は寒風をもろに受けるが概ね日溜まりハイキングとなる。
安達太良山を経験した新人S君、12月の那須を経験したYさんの2人にはこの寒気の影響は無かった。

新宿スバルビルを午前7時40分出発。
高速は渋滞も無く順調に大月インターまで。
一般道を猿橋に向かって進み駐車場のある大月総合グランド午前9時前に到着。
冷たい風が吹き込み準備していると身体が冷えてくる。
午前9時10分道案内に沿ってスタートする。
住宅街がすぐにまばらになり、登山道に入る。
昨日の雨が霧氷となり日に照らされて溶け始め,ダイヤモンドダストのように美しい。
新人のS君が歓声を上げる。
1時間30分で百蔵山1003mの山頂に。
富士山が強風と冬晴れで秀麗に見えている。
この山は富嶽12景に選ばれるだけある。
記念写真を撮りここから扇山まで200m、急下降するのでアイゼンを付ける。
15分位で下降を終えると尾根通しを40分気持ちの良いスノートレッキングとなる。
森林帯が風を遮るので日当たりは暖かく感じる。
扇山に向かって300mの急登が始まる。
積雪は10cm前後で1時間喘ぎ登ると尾根に出てそこから山頂までは僅かである。
午後1時前に扇山1138mに到着。
富士山がここでも秀麗に見えている。
立地で風が当たらないのか日溜まりでのんびり出来る。
食事をとった後、宮谷分岐まで1時間来た道を戻る。
分岐からは30分枯葉の歩きやすい道を下ると広い林道に出た。
しばらく林道を歩くと舗装道路になり大月総合グランドに向かって午後3時30分に到着。

荷物を整理して一路新宿に向かい、午後5時に到着して山行を終える。

    
Y . F 記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.