阿弥陀岳北稜アタック

 

2013年4月14日

参加者 : 3 名

2:45起床
朝食はコンビーフ入りカレーうどんに昨夜残したアルファー米カレーとで〆。
充分に体力をつけて5:20出発。
天気は昨日の快晴ほどではないが、ところどころに薄い雲がでている程度の晴天。
約10分歩いたところで、記念撮影のうえ、Fリーダーからは雪崩を覚悟していると思うが注意していくように、という激励を受けて赤岳隊とお別れ。
中岳沢の左端を登っていくが、前後に全くの人影なし。
沢を歩きながらKサブリーダーから第一岩峰、第二岩峰の説明を受け、雪がつかない斜面の岩壁を眺め気持ちが昂ぶってくる。
そのまま沢を進んでいくが、第一岩峰に向かうには大きく右に方向変える必要ある。歩いた形跡なく、沢をトラバース。
そこから第一岩峰下までは、灌木が僅かに顔を出す雪壁でピッケルをフルに使って、アイゼンの爪を雪にたたきつけキックステップしながら3点確保で歩行。
灌木の合間を極力抜けるようにしながら6:50第一岩峰到着。
そこから40mのロープを出してKさんがリード、NOさんにビレイヤーをやってもらいながら、途中2か所で支点をとって40メートルで第一岩峰を抜けたところを1ピッチ目にして、昨年度入会の新人Nがプルジックでのぼる。
昨夜のロープワークの説明をうけていたにも関わらず岩壁の下に立つと、ほとんど真っ白でNOさんに一から教わり、時間をかけてしまった。
岩壁の足場確保は比較的しやすい。
そこから第二岩峰についても同様に登るが雪がついておりルート確保が結構難しい。
そこからは、急斜面ながらどうにか立って歩けるところなので、コンテニアスでNを中間に山頂を目指すが、山頂20メートルほど前でNのアイゼンが外れる。
岩壁で外れなくて本当によかったと一同胸を撫で下ろしながら再出発。
山頂着8:50。
陽もさしてきてほぼ快晴。
風も弱い。
これだけの天気にも関わらず、他にパーティは無。
八ヶ岳は赤岳、硫黄岳、その先の東西天狗岳までよく見える。
赤岳の地蔵からの急勾配と雪がない岩壁を眺めて、赤岳隊メンバーの苦労を察する。南方面には、南アルプスとその先の北アルプスも良く見える。
最高の瞬間を感じながら、9:10出発。
引き続き斜面があるので、ロープを使って3人で降りるが、約20分ほど行くと急こう配で雪がしっかりついているためピッチを切ることにして、KさんとNOさんがトップを交代しながら、ほとんどの時間雪面を向きながらキックステップで降りていく。
Nにとっては、プルジックで降りているものの、登りとは違い足場がよく見えずにキックしてくだるので、ルートと足場が確実なのか不安を感じながら降りていく。
緊張感を感じる。
10時30分頃中岳沢の上までくる。
そこで赤岳隊と連絡をとるとFリーダーから雪崩に注意してしながら進むようにということで、過去雪崩がおきた場所をメンバーが距離をおきながら、NOさんから早く行ったほうがいいと注意をうけながらすすむ。
10:50分に沢を抜けて、11時にテント場に到着。
赤岳隊は既に30分程度前に着いていて、意気揚々とした姿のメンバーから出迎えられる。
すでにテントを撤収して下山の準備をしてくれていた。
あらためて、危険と隣り合わせの中を細心の注意をはらって、リスクを回避して登攀することに先輩諸氏の凄さを感じた時間だった。
経験のほとんど無いにも関わらず、引率いただきありがとうございました。

T . N 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.