雪の大喰岳西尾根(槍ヶ岳)

 

2013年5月3~5日

参加者 : 5 名

5月3日
沢渡駐車場にて仮眠するところをドライバーが頑張ってくれて、新穂高無料駐車場にて仮眠。
晴天が期待され心弾ませながら、4:50出発。
新穂高ロープウエー横の登山口にて入山届を出し、林道を1時間ほど歩き、5:45穂高平小屋着。
新穂高牧場をすぎる辺りから雪道となる。
蒲田川右俣の林道トレースにそって行くが、雪が予想以上に多く、途中一部メンバーはアイゼンをつけて慎重に進んで行く。
10時ごろ白出沢の河原辺りまでくると正面に南岳、左に笠ケ岳、右に北穂高岳と晴天を突き刺す北アルプスのそそりたつ雄大さに囲まれているのを目のあたりにする。
日差しも強くなり疲労もたまってくるが、真っ青な空に映える雪景色と無骨な岩稜がそうした気持ちすら忘れさせてくれる。
滝谷出合では、トレースぎりぎりまで雪崩の跡がのこっている。
メンバーそれぞれのスピードで進みながら13時15分に槍平着。
テントは20張くらいで思った以上に少なく、いい幕場を確保。
いったん幕場作りのために雪面を固めたが、その後風が強くなったため、キュービックに雪をカットしてブロックを積み上げていく。
メンバーが手際よく入れ替わりながら、鋸を入れる者と、ブロック積み上げて芸術品ができあがり、しっかり時間をかけて15:30頃にいい幕場の出来上がり。
風が強く早々にテントの中で宴会。
リーダーの手際いいコーンビーフカレーをごちそうになり、はやる気持ちをおさえて7時就寝。

5月4日
2:30リーダーの掛け声とともに起床。
昨日のカレーにうどんをいれて朝食。
前日よりは雲が出ているが星空が広がっていて予定通りアタック決定。
5:15全員アイゼンつけて出発。
飛騨沢にむけて一列縦隊ですすんでいくが、途中雪崩に巻き込まれたのか鹿の死体を発見し、自然界の厳しさを目の当たりにする。
6:30宝の木を見つけて、大きく右にそれて、いよいよ大喰岳西尾根の急峻を登っていく。
勾配がきつく、トレースもなく気を許せない緊張感が高まってくる。
途中灌木で一本入れるまであっというまに上り、飛騨沢を沢山の登山者が登っている縦隊と、双六小屋にむけて急登を登って行くパーティが眼下にはっきりと広がり、緊張していながらもまだ余裕がある。
ただ、振り返ると笠ケ岳に笠雲がかかるのを途中で見ており、天候が崩れると噂していた通り、8:30頃急に雨雲におおわれ雪が降り始め雨具をつける。
ホワイトアウトで急に視界がなくなる中をお互いに声を掛け合いながらルートを慎重に確認するが、膝下までのラッセルと、ナイフリッジあり、雪庇ありで10メーター先の視界も見えない中を進んで行く。
新人にとっては緊張感が恐怖感に変わってくるが、それでもロープ無しで大喰岳山頂10:05着。
寒さと視界の悪さで山頂の標識も発見できず、本当に山頂かわからないくらいの状態で握手を交わすものの写真も撮らずに肩の小屋に向けて早々に出発。
縦走路とはいえ、視界不良の中、急勾配を下りるためリーダー自ら雪面に向かい3点確保で慎重に下りて行く。
緊張感はピーク。
時折雲の切れ間に青空がのぞき槍ヶ岳山頂部分が見えるため、その瞬間に手袋を外して写真をとるが、それだけで指先が凍傷になるのではないかというくらい痛く感じる。
何とか飛騨沢乗越まできたところで、メンバーIが以前より痛めていた膝とアキレス腱が悪化したため、幕場にむけて帰還。
その後4名で吹雪の中を槍ヶ岳をめざし、10:35に肩の小屋到着。
ここでザックの荷物を極力残して山頂を目指す。
少ししてNAが腰の痛みを感じ、大事をとって肩の小屋で待機。
鉄梯子が一部登りと下りが一緒になっているところがあり、渋滞を余儀なくされたところもあったが、35分かけて、11:10山頂着。
記念写真を撮るものの視界は全くなく早々に下山を開始。
しかしながら、雪で足場が悪く鉄梯子間のつなぎに鎖がないところが多く、慎重に3点確保して行くもののアイゼンでグリップがなかなかかからない。
そのため初心者連れのパーティがロープを都度だして進むため大渋滞となり相当に時間がかかってしまった。
肩の小屋戻りが12:30。
肩の小屋で記念写真を撮り、飛騨沢を下って行く。
最初の下りは急だがもくもくと帰路につく。
途中、単独スキーヤーが横転していたが、その後、他の下山者からそのスキーヤーが荷物が吹っ飛び怪我もしていたとの話を聞く。
少し斜面がゆるくなったところで、ピッケル制動を体験学習するため、新人が尻ですべって加速したところで制動するが、この程度の斜面でも止められないとなると大喰岳西尾根ではとても無理と実感し、アイゼンワークの重要さを指導される。
15:30幕場着。
その後、ビールで乾杯して宴会開始。
500mlのビールを一人2本ずつ持参したかいがあり、最高の気分、と思ったところでアタック中の水分不足で新人が頭痛を感じ、しばしダウン。
夕食はキムチ鍋に舌鼓をうちながら話が盛り上がり、7時すぎに消灯。

5月5日
2:30リーダーの掛け声とともに起床。
昨日のキムチ鍋にアルファ米をいれて朝食。
3連休の中で一番の快晴。
テントを撤収し、5:15全員アイゼンつけて初日と同ルートを一路帰路へ。
最高の天気で、朝陽が穂高連峰をセピア色にそめているのに感動しながら黙々と進む。
北穂高から南岳にかかる稜線のところにヘリコプターが長い間ホーバーリングしていて、調査か、事故か、などと話しながら下りて行く。
(下山後、遭難者ニュースあり)
下りはリュックが肩に食い込むのを感じながらも登りの2倍のピッチで下りて行く。
笠が岳、錫杖岳等がくっきりと見え、急な岸壁が聳えているのがわかる。
林道直前までアイゼンをつけて下り、8:15に穂高平小屋着。
そこで林道を通るつもりのところを2人連れに近道を通ったら行きは時間を15分くらい短縮できたと聞き、進むことにしたが、途中沢通しの小木橋が崩れており、強引に傍らの斜面を降りたが、その結果時間がとられる。
9:15新穂高温泉駐車場着。
その後9時45分ごろ車で出発して、諏訪インターにて入湯して食事。
笹子トンネル手前からの大渋滞があり、新宿着は18:15となる。

以上の行程となったが、ほぼ当初予定通りの登山行となった。
先輩諸氏の皆様、最高の思い出を作ることができました。
ありがとうございます。

T . N 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.