参加者 : 12 名

アンナプルナ内院(ABC)トレッキング
2013年10月22日~11月7日(17日間)
メンバー 12名

プロローグ

2013年夏の初め頃だったと思う。
夕食をしていると電話がかかってきた。
Y氏からだ。
(東京緑山岳会の先輩で元ICIの社長)
「久しぶり・・アンナプルナの南壁を見に行かないか」
と云う電話だった。
「喜んで参加します!」
と言いたいところだったが、カミサンが前に居るのでぐっと堪えて、
「検討させてください・・」
と返事をかえした。
気持ちは既にネパールへ飛んでいた。
数日後、
「是非参加させてください!」
と返事をした。

メンバーは日本岳友会のOBとのこと。
カラコルムへ行った時に同行させていただいた、Ma氏・K氏・A氏・Mo氏そしてY氏の他に日本岳友会の4氏が新しく加わった。
出発の一ヶ月位前に神田のICI登山本店で待ち合わせて、近くの喫茶店に集まった。
ゲスト参加は静岡県からのF女史とT氏(奥様があの田部井淳子さん)そして私の3名。
またまた面白い旅が出来そうな予感がする。

アンナプルナ内院トレッキングの説明を簡単にしておくと、ネパールではエベレスト街道と同様にもっともメジャーなルートである。
カトマンズからポカラまでは飛行機で移動。
ポカラを起点としてバスにて[カーレ]のすこし先まで移動。
ここからトレッキングが始まる。
[オーストリアンキャンプ]を経由して尾根沿いに「チョムロン」へ。
さらに「マチャプチャレ」の西側と「アンナプルナ・サウス」の東側に挟まれた「モディ・コーラ」を遡ってアンナプルナ内院まで上り詰めます。
帰路は[ブーンヒル]に回り道をして「ダウラギリ」「ニルギリ」を眺める予定です。
個人旅行なので、コースは自由に組める。
全行程、標高差3200m、地図上の水平距離90km。

K . I 記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.