安達太良山 [2]

 

2014年2月1~2日

参加者 : 11 名

2月1日 (1日目)
12時30分頃奥、岳駐車場出発。
気温は例年より高めなのか駐車場の地面は凍結しておらず穏やかに薄日のさす中、総勢11名で雪山トレッキングを開始する。
14時、急登が終わり勢至平到着。
名物の強風は吹いておらず、左手に安達太良山頂もきれいに見える。
明日のアタックの時までこの天気が継続してほしいなぁ。
勢至平を40分ほど歩くとくろがね小屋が見えてきた。
例年だとここから小屋までのトラバースで少し時間がかかるのだが今年は雪の状態が良くて簡単に抜けることができた。
15時、予定より1時間30分早いペースでくろがね小屋到着。
楽しみにしていた温泉に入り、夕食の準備にかかる。
小屋は満員で混んでいたが、到着が早かったおかげで温泉入浴や食事の準備もスムーズに運んだ。
夕食は手巻き寿司と豚汁。
食当のAさんとYさんががんばってくれたおかげでとても豪華なディナーとなった。
これで手巻き寿司が冬の安達太良山行の定番夕食メニューになるかな。
就寝前にもう一度温泉に入って体を温めたおかげか熟睡できた。

2月2日 (2日目)
出発前に小屋の前で小屋番の佐藤さんと記念撮影。
佐藤さんは今年定年だそうで来年またお会いできるかどうかは不明とのこと。
佐藤さん、長い間お世話になりました。
7時出発。
天候は曇り。
風はほとんどなく、めざす山頂が遠くからも良く見える。
8時30分、山頂到着。
山頂の祠に昨年はなかった可愛いお地蔵さんが祀られていた。
午後の天候悪化を見越して鉄山行きは中止、代わりに安達太良山頂直下で滑落停止の訓練を始める。
新人会員のほとんどがこの機会で初めてピッケルを持って登る意味を知ったようだ。
ベテラン会員Iさんの滑落停止プレゼンの美技に全員思わす拍手(パチパチパチ)。
峰の辻から勢至平経由で奥岳温泉スキー場着11時。
岳温泉まで下り、そこで定番の温泉と成駒屋での昼食。
普通盛りでも量が多い名物のソースカツ丼を完食したのは女性2名!ヨクガンバリマシタ。
山を下りて二本松の街に入り東北道に乗る前にリーダーに無理を言って江戸時代から続く和菓子屋の玉嶋屋に寄って羊羹を買って帰路につきました。

C .K  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.