五月合宿 爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳

 

2014年5月3~5日

参加者 : 9 名

今年の5月合宿は9名の参加で、テント2張の活気ある山行となった。
後立山連峰は晴れれば天国、荒れれば地獄と古くから言い伝えられている。
この季節、街は初夏でも3000mの稜線は雪山。
毎年多くの山岳事故が起きている。
今年も遭難事故の報道を目にした。
5/3土曜日は午後から寒冷前線が通過し山は荒れた。
5/4日曜日は快晴。
5/5月曜日は後立山周辺は曇り時折にわか雪、槍穂高周辺は雪と雨が混じった天候となった。
これが穂高連峰で低体温症の遭難事故が発生した原因だろう。

5月2日(金) 晴
夜10時に新宿スバルビルから6人、西国分寺から3人が2台に分乗して連休で混雑の中央道に向う。
予定では午後11時30分に談合坂SAで合流する予定であったが、深夜12時過ぎになってしまった。
本格的な雪のアルプス合宿に初参加の新会員5人は、期待と不安を持ちながらも車内で会話が弾む。
予定では梓川SAで明け方迄仮眠のつもりだったが通過してしまい、急遽トイレのある信濃大町駅で車を止めた。
午前4時前に到着、車中で夜明けまで仮眠とする。

5月3日(土) 快晴後曇にわか雨
午前5時前に明るくなる。
9月に下の廊下に行く予定で、駅前のJA無料駐車場の下見をしてから、一路アルペンルート扇沢駅前近くの柏原新道入口駐車場に向う。
40分弱で到着。
爺ヶ岳に向う登山者の車で小さな駐車場は満車に近かった。
共同装備と食料を分散して、午前6時30分に歩き始める。
寝不足と重荷で身体が重い。
30分ピッチでこの日はベースキャンプのジャンクションピークまで進めることにする。
休憩を入れで6時間を見込む。
雪の無い柏原新道を1時間ほど進むと雪が出始め、看板が冬道の南尾根に誘導をする。
急登が続き重荷に耐える。
登山の初日のパターンである。
中堅も新しい会員も苦しさは一緒である。
兎に角、耐え抜かなければ明日の天空の山旅が期待出来ない。
2時間で視界が開け、針の木岳・鳴沢岳・岩小屋岳の峰々の美しい雪稜が目を楽しませてくれる。
登山道の雪は気温が高いので緩んでおりアイゼンを使うまでには至らない。
勾配は緩めることなく上に向う。
天気は晴れて山々は眩しいぐらいである。
淡々と時間が過ぎていく。
高度計は2100mを越え、ジャンクションピークに後1ピッチまで近づいた事を示す。
鳴沢岳に薄雲が出始めた。
直ぐには崩れる事は無いであろうが、事前の天気図では夕方3時過ぎには寒冷前線の端が通過する予報であった。
この予報の前触れを感じる。
時計は11時30分を廻り、登り始めて5時間が経過している。
勾配が緩み始め、爺ヶ岳南峰のピークも見え、テントがちらほら見え出した。
ジャンクションピーク標高2400mに到着。
針の木岳に黒い雲が掛かり始め天候の悪化が始まる。
東側に森林がある風当たりの弱そうな場所を選んでテント2張を設営する。
雪上テント泊が始めての新しい会員に整地の仕方を説明し作業に入る。
6人テントのスペースは思った以上に広く整地しないと建てられない。
疲れる前に入れ替わりスコップで雪を削る。
30分程掛けて6人・4人テント2張を建て終える。
午後1時過ぎ、山の天候は早く変化し風が強く吹き始め、気温が急速に下がってくるのを感じる。
全員がテントに荷物を入れて落ち着いたころ、にわか雨がパラパラと降って来たが本降りにはならずに風だけが暴風なみに吹いている。
樹林帯が防風になり音は物凄いが思った以上にテントは叩かれないで済んだ。
いい場所を選んだと皆で感じる。
雪上技術の一つ。
テント設営場所選びの大事な点を学んだと思う。
6人テントに全員が入り、バーナーを焚いて素麺を作り、午前中の疲れを癒す。
夕方まで時間があり、暴風のおさまるのも期待して仮眠とする。
風は夕方まで荒れまくったが5時過ぎには青空も見え始め、前線が通過したと感じた。
遠くには槍、穂高が見え、明日の天候は予報どおり移動性高気圧に入ると思った。
ただ風が収まらないのが気になるところである。
夕食の準備を行っている間、荷揚げしたビール等で親睦。
鍋料理が出来上がり、初日の疲れた身体の割には食が進む。
雪上テント生活が始めての人はどのように感じているだろうか。
明日のアタックに備えて午後8時には各々のテントに戻り消灯。

5月4日(日) 快晴
一晩中風が唸りを上げていたため、ウトウトしながら時間の過ぎるのを待つ。
起床は午前2時半を予定。
時折時計を見るが時が進まない。
ただ風で防風林の擦れる音が異常に大きく、アタック当日の行動が可能か心配が脳裏を駆け巡る。
2度寝をしてしまい目を覚ますと午前3時前。
全員起床し朝食の準備。
テントの外を覗くと満天の星、風で防風林の擦れる音のみが相変わらず。
雪面に立つと飛ばされるような風で無い事が判り、アタック実施と判断。
前線の通過後の風の吹き戻しなので、陽が上がれば移動性高気圧に入り風は収まる。
アタックを午前5時と指示し各自準備。
アイゼンを着けてアタック開始。
クラストした斜面にアイゼンの歯が食い込み順調に標高を上げる。
途中、雪の無い夏道が出てくるがアイゼンを取らずに進む。
BCから1時間30分で爺ヶ岳南峰2669mに午前6時30分到着。
風はすっかり収まり快晴・無風に近い状況。
剣岳、立山が目の前に神々しく聳える。
種池小屋から鳴沢岳・針の木岳への雪稜が手に取るよう。
遠くには槍、穂高、富士山 戸隠連峰と山の説明は飽きない。
圧巻はこれから登る双耳峰の鹿島槍ヶ岳が目の前に聳え立つ。
山が大きいので爺ヶ岳南峰から鹿島槍山頂迄4時間はかかる。
天気は1日中晴れると予想しているので、新会員達には5月の稜線を堪能して貰う。
皆、口々に感激している。
これから標高で250m下降して冷池小屋を目指す。
主峰、北峰をトラバースしていく道を選ぶ。
途中、夏毛の出始めた雷鳥に出会う。
爺ヶ岳は雷鳥の多いことで有名な場所を裏付ける。
鹿島槍が大きく見上げるようになると鎌尾根、東尾根の第1、第2岩峰が目前に迫る。
7~8年前に東尾根を登ったときの思い出がよみがえる。
第2岩峰の真下で5時間近く寒さに耐えながら順番待ちをし、登攀を終え風の中のナイフリッジをまたいで通過し、急斜面の長いトラバース。
精神的に相当のプレッシャーが掛かっていた。
一手一歩間違えれば滑落死となる。
アイゼンとピッケルワークが全て。
BCに戻ったのが夜11時。
19時間行動に耐え、人間の精神力は凄いものだと感じた。
そんな思い出を当時の会員は口には出さないが感じながら、鹿島槍を見ていたと思う。
午前8時に冷池小屋に到着。
多数テントが張ってあり賑わっている。
ここで大休止をして、各自行動食を摂り鹿島槍アタックに備える。
冷池小屋を発ち15分ぐらいは雪上をアイゼンで歩いていたがその後は夏道が出ておりアイゼンを引っ掛けるのでアイゼンをはずす。
小屋から鹿島槍の山頂まで標高差で500m近くある。
休憩時間を入れて2時間30分は掛かる。
布引山への急登に黙って耐える。
上から降りてくる登山者を見るとアイゼンを着けておらず、もしかすると夏道が出ているかも。
布引山2683m横を通過し正面に鹿島槍南峰を残すのみとなる。
登山道の雪は多少あるがクラストはしてないのでアイゼン無しでの歩行。
小屋から2時間、鹿島槍ヶ岳南峰2889mに午前10時45分に全員登頂。
体力を心配していたYさん、K君 高山病を心配したAさん、3人とも頑張りぬいて雪の後立山連峰の名峰鹿島槍の山頂に立つ事が出来た。
おそらく思い出の1ページを作ったと思う。
山頂からは鹿島槍北峰、五竜岳、唐松岳、白馬鑓と後立山の峰々が5月の陽光を受けて最後の雪山シーズンを眩しく見せている。
山頂で記念写真を撮り午前11時過ぎに下山開始。
下りは快調で1時間20分で冷池小屋に午後12時15分到着。
大休止をとって、これから登り返す爺ヶ岳南峰までの2時間の道のりを考える。
アタックザックなので疲れてはいるが全員遅れることなく爺ヶ岳のトラバースコースを通過。
午後2時40分に爺ヶ岳南峰に到着する。
天気は薄曇になり、明日は予報通り下り気味になるのであろう。
南峰からの峰々の景色に別れを告げ、疲れで足腰に傷みを感じる頃BCのテントが見える。
午後3時40分に怪我も無く11時間の行動を終えBCに帰着する。
初めての雪山合宿に不安を持って望み、11時間行動の実感がヒシヒシと思い出となってくるだろう。
お茶で疲労を癒やしたころで、今回初めての食当のYさんがカレーの準備にかかった。
カレーは疲れたときでも意外と食が進む献立である。
5時過ぎに登頂の祝杯を上げ、夕食に満足。
7時前には疲れと酔いで眠気が始まり就寝。

5月5日(月) 曇り一時にわか雪
午前2時30分起床し朝食の準備。
下山日なのでテント撤収を含めて午前4時30分には出発出来るように指示。
多少遅れたがアイゼンを装着して午前4時45分に下山開始。
クラストした雪にアイゼンが効いて急勾配を一気に1時間下る。
森林帯に入ると、アイゼンが木の根に引っかかり時間が掛かる。
疲れた脚に踏ん張ると負荷が重くのしかかり途中からアイゼンをはずす。
雪が出るとまたアイゼンを装着する等して予想以上に時間が掛かり、午前7時45分に一人の遅れも無く柏原新道入口の駐車場に到着。

荷物を整理し午前8時に一路諏訪湖SAの温泉に向う。
連休帰りの小仏トンネルの大渋滞に巻き込まれないためには午前中早めにSAを出たいと読んでいた。
運よく諏訪湖温泉が午前9時30分に始まっていたので、空いているうちに温泉を浴び着替えることが出来た。
途中渋滞はあったが初狩SAで昼食を摂り、ここで2台の車は解散とし新宿には午後3時に到着。
今回の合宿を終える。

Y ・ F  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.