剣岳夏山合宿の中止は残念ですが・・・

 

2014年8月7日

参加者 :  名

こんにちは
新人会員が楽しみにしていた剣岳合宿の中止。
苦渋の選択をお疲れ様です。

私が稜朋会に入会して最初の夏合宿は剣岳でした。
代表のM氏と新人2人でした。
剣沢三田平に3泊しました。
台風との遭遇を予期しながら列車で前夜発。
途中で列車は倒木などで、何度も停車。
立山駅から美女平までのケーブルは朝の8時に雷で一時運休。
漸く室堂に着いたときは、登山道と同じ高さで雷が鳴り響き、
雷鳥平の小川(浄土沢)は濁流に変わっていた。
そして、雷鳥坂はまるで沢登りという状態でした。
新人の我々はただ夢中でM氏の後に着いて剣沢まで行きましたので、
怖さはあまり感じませんでした。
千葉大のワンゲルの人達が自分達だけでは不安なのでしょう、
我々の後に着いてきたのを覚えています。
テントに停滞2日間。
漸く晴れて源次郎尾根に登りました。

最近になってから
「あの時は本当に申し訳なかった。危ない目にあわせてしまった。」
とM氏は謝っています。
M氏は行き掛かり上虚勢を張っていたけど、とても緊張していたのでしょうね。
我々の時は総勢3名。
何かあってもリーダーの目が届いていました。
連れて行ってもらった私たちは、経験が無い分呑気にしていましたが、
M氏は肝を冷やしていたんでしょうね・・・。

残念でしょうが、剣岳合宿は中止で正解ですよ。

T ・ K  記


Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.