大菩薩嶺日帰りハイキング

 

2015年1月4日

参加者 : 3 名

さすがにお正月早々の山行は皆さん都合があるらしく参加者は3名と寂しい。
朝7時半に新宿スバルビル前に集合して、中央高速を大月ICで降り甲斐大和へ向かう。 裂石から先は既に冬季通行止めになっているので嵯峨塩裂石林道を利用して上日川峠まで入る。
正月休みも最終日で高速道路・一般道とも空いており順調に林道まで来たが、林道は雪で凍っているので慎重に運転。 運転者は神経を使い大変だ。
この林道も5日には通行止めになるとのこと。お正月休みで心身ともに弛んでいるので上日川峠まで車で入れるのは リハビリに有り難い。

予定は廃道となっている富士見新道から神部岩上の稜線に出て、賽の河原非難小屋から下るコース。天気上々風無し、 吹溜り箇所では膝下までの積雪量、最高のハイキング日和だ。
上日川峠の駐車場を出発。福ちゃん荘から林道を進み富士見平・富士見小屋前の分岐点を左の富士見新道に入り、 樹林帯の中を登る。
かつてはこのルートも一般コースであったが、今は廃道となり歩く人もまだらのようで踏み跡は無い。
所々にある色褪せた赤布とリーダーの記憶で進む。
小さい沢を越えた辺りから本来の登山道を誤って外れた様子。左の尾根に取り付き進むと稜線が見渡せる場所に出て、 もう一本右寄りであったことが判明する。

この季節、草や笹を雪が覆っており木々は葉を落としているので何処でも歩けるので、そのまま稜線目指して登る。
枝尾根を直登して稜線に出て、本来の目標の神部岩(標高2000メートルの標識が立つ所)まで移動して記念写真をパチリ。
富士山から南アルプスまでダイナミックな景観を堪能。
賽の河原の避難小屋でランチ休憩をとり、小屋裏から富士見新道の取り付き点を目指して破線ルートを下山。
上りで間違えた箇所・原因を検証して沢を一本間違えていたことに気付く。思い込みは危険、反省、反省。
帰宅後に他のヤマレコを見ると、やはりルートを外して戻って探している。
踏み跡が無いし、同じような樹林帯の中を進むので分かり難いようだ。

富士見新道コースは樹林帯を抜け出てから神部岩に至る急峻な岩尾根が醍醐味、機会があったらもう一度チャレンジしたい。
アクシデントはあったものの好天気に恵まれた事に感謝。
ちなみに帰路の高速道路はガラガラ、前日のニュースではUターンラッシュの渋滞が凄い状態だったので、どうなることか 懸念していたのでたすかった、幸先いいぞ、今年も楽しい山行が沢山できそうだ。

T・N 記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.