九鬼山

 

2015年2月15日

参加者 : 7名

今年の冬の山行は、雪山と近場の低山がバランスよく計画されている。
今日は7名で近場山梨の九鬼山へ。富士急の禾生駅から歩き始める。
天気が良く暖かくてハイキング日和、富士山の景観が期待できそう。
リーダーの命により、初めて先頭を歩くことになった。今まで先頭に「早すぎる」「遅い~」「休憩したい」と好き勝手なことを言ってきた事を少々反省。 自分の発言は自分に返ってくるのである・・。

杉山新道を選んで約2時間、もうすぐ山頂なのは分かっていたが、手前の分岐で強風にあおられつつ休憩。しかし3分もしないうちに九鬼山山頂で、風もなくおだやか。ちょっと失敗。 でも秀麗富嶽十二景に選ばれているわりには山頂からは富士山は見えず、先ほどの休憩ポイントからは絶景だったのでよしとしよう。
ここから雪のある下りなので、軽アイゼン装着。最近12本アイゼンに慣れてきたので、軽アイゼンは滑りそうで怖い。ゆるやかにだいぶ下ってから、今度は急登を登り返して馬立山へ。 雪のある道と落ち葉でフカフカの道の繰り返しで、アイゼンを付けたり外したりと忙しい。
適度なアップダウンを経て、眺めの良い御前山へ。

ここから猿橋駅へ下る予定だったが、リーダーの配慮により大月駅へ。途中、川に降りてみんなで並んで軽アイゼンを洗う。 ドロドロの登山道具を家の洗面所で洗うのが本当に大変なので、これには大助かり。
ほぼ計画通りの時間に下山し、大月から鈍行に乗り帰路へ。いつもは帰りも運転を頑張ってくださる男性陣も電車の中でビールを飲んでリラックス。
電車山旅もいいものだなぁと思いながらのんびり山行を終えた。

K・A 記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.