2015年10月10日~11日
晩秋の空木岳

平成27年10月10~11日
参加者 9人

中央アルプス空木岳は日本百名山でありながら交通機関が恵まれていない為、登る機会を得られない。今回そんなチャンスが会の計画山行に組まれ、晩秋とは云え山は紅葉シーズン。黄葉といったほうが見た目では感じる山域である。今回は池山の避難小屋を利用しての山頂往復。登り休憩時間入れて7時間はかかる。標高差1600mは剣早月尾根の早月小屋を往復する標高である。結構時間はかかる。駐車場から1時間10分で池山避難小屋からあるので食料等の荷物は其処にデポし空身で往復出来るのは気分的に楽である。

10/9(金)晴れ
夜10時新宿スバルビルに2台分乗し一路中央高速で駒ヶ根インターを目指す。駒ヶ根インター手前のPAエリアに2時過ぎに到着し仮眠をする

10/10(土)晴れ後高曇り
朝4時に起き、PAエリアで食料等の共同装備を分けてパッキングする。そこから駒ヶ根インターまで走り、池山尾根取り付きの駐車場にナビを頼りに車を進める。インターネットでは最終駐車場まで道が荒れていて2.2km手前の駐車場で停めるのが大方という情報で計画は考えていたが山の林道を走り慣れているため、荒れていると言うよりは「こんな林道」が山道としては普通の感覚で最終駐車場まで車が進めた。ほぼ満車状態であったが2台停められ、出発準備をし午前5時15分にヘッドランプを点けてスタートする。 遊歩道のような登山道を進み1時間10分で池山避難小屋に到着。30人前後泊まれる板の間居間、トイレも綺麗、水は小屋の前にパイプで引かれている。地元の山岳会が委託管理しているとの事でよく整備されていた。単独の登山者2名が場所取りしてあったので其処を避けて当会9名の場所取りをエアーマツトを曳いて行う。荷物をアタックザックに切り替えて軽快になりその他はデポし午前7時小屋を出発。登山道はよく整備され黄葉(唐松やぶなが多い)が美しい。

森林限界が近くなると宝剣岳や南アルプス北部・南部が高曇りの中に映えてくる。寝不足でペースがいつもだと落ちる時間帯も荷物が軽いのでコースタイムで歩行、森林限界を抜け、駒石が見え始め花崗岩砕けた白さの岩砂が綺麗な景色に変わる。空木岳の美しい景観である。駒石に到着し15メートル位の高さを登りたいメンバーが自由に挑戦。15分ぐらい楽しみ山頂直下にある駒峰ヒュッテに向かい、小屋締めの準備をしている横を通り、午後12時過ぎに空木岳2864mに到着した。北アルプス・富士山・御嶽山が見える。ハローウィーンの仮装になり集合写真を撮り大盛り上がり。風が冷たく 直ぐに駒峰ヒュッテのテラスに戻り昼食。午後1時過ぎに下山開始、空木岳避難小屋経由で池山避難小屋に向かう。Koが遅れたためFが付き7名を先に小屋へ向かい食事の準備に入ってもらう。

先行隊が4時過ぎに到着し、遅れたko隊午後5時過ぎの日没前に到着した。避難小屋は満室状態で床に場所取りしいるパーティも出るくらいだった。 女性陣が豪華な夕食の準備を終え、午後5時半に晩餐が始まる。周りの宿泊者はこの時間でやることが無いためシュラフに入って静まつている。6時前に我々が気を使う。この時間に関西の山岳会が山頂から降りて来た。いつもの通り笑いの切れない宴会が始まる。午後7時過ぎに疲れと寝不足と周りの雰囲気を配慮して寝る準備に入る。関西の山岳会は遅く夕食と宴会が始まったので暫くは話をしていたが時間は判らないうちに我々は夢の世界へ。

10/11(日)雨
夜中に屋根を打つ雨音に目が覚め、予報より早く降り始めた。午前3時30分に起き朝食の準備。周りは静まり返っている。午前5時、雨の中ヘッドランプを点けて下山開始、1時間10分で駐車場に到着する。荷物を整理し岡谷の早朝風呂に向かう。岡谷インターから15分ぐらいにある温泉。午前9時までは270円で入れるとは嬉しい。 ゆつくり入浴し一路空いている中央道を走り抜け午後12時半過ぎに新宿に到着解散する

記録 Y・F



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.