2015年11月21日
晩秋の秩父二子山

平成27年11月21日
参加者 18人

秩父二子山は両神山を対峙する位置にあり以外に知られていない。
この山は百名山の両神山に登山者の目が向き一部のクライマーに岩登りのトレーニング場所と知られるぐらいであった 昨年の同じ時期に氷雨の中、両神山に登り下山後の温泉が身体を癒してくれた記憶が残る。そんな中でまだ紅葉が残り静かな山旅を探していたら二子山の案内が目に入り会の計画山行に向いているか調べると、以外や以外にミニ穂高ジャンダルムのような岩登りの感覚が感じられるとの記録が残っていた。年間シーズンの終わりには手ごろと判断し計画に年初に企画した 今回は体験生5名含めた18名での実施となつた。

11/20(金)晴れ
夜10時武蔵浦和に3台の車が集まり一路関越高速花園インターに向かい、インターを出て深夜の秩父路を昨年も仮眠した道の駅両神に向かう 予定通り深夜1時前に到着しテント2張を建てる 満点の星でるが寒くない 体験生と会の内容など2時ごろまで話し就寝。

11/21(土)晴れ
朝5時に起床 モーニングティを飲みながら個々で朝食を取り現地で合流した2名の体験生を加え全員揃う。6時過ぎに道の駅を出発し民宿登人の登山口を目指す。少し行きすぎ途中で気付き戻って登山口に到着 4台の車は空きスペースに駐車 登山者が少ないのはこういう時は助かる。簡易トイレもあるので安心である。準備を整え午前7時過ぎに出発。 股峠まで40分であるが人数が多いので1時間掛かり8時30分に到着。

簡易ハーネスの付け方を説明し全員装着後、トレーニングを兼ねて東岳に向かう。途中鎖場があり何でもないところであるが体験生の技量が判らないので簡易ハーネスの使い方を説明し鎖場を通過し稜線に出て1時間強で9時過ぎ東岳1122mの山頂に到着。360度の展望 休憩後下山開始途中の鎖場手前で慣れない女性陣の為にロープを張り通過させ鎖場に繋げる40分ぐらいで股峠に到着。行動食を摂り西岳の上級者コースに向かう。取り付きは直にわかる 以前鎖が取り付けてあった名残でピンのみ残っている。少し立っているが3点確保で登れば楽しいルートである。

慣れない女性会員は少し時間が掛かっていたがロープで言う3ピッチぐらいの距離。天気が良くて岩も切れるようなガバホールドが楽しませてくれる。女性達も慣れてきて流れに乗る。1時間ほどの岩のアスレチックを楽しむ。一般登山者には鎖のあった方が事故防止になる場所でもある。稜線に抜けると5分ほどで狭い午後12時過ぎ西岳1165m山頂。18人いると占拠状態。これから向かう西岳から西峰に繋がるナイフリッ ジは今迄以上に神経を使う。此処からが穂高ジャンダルムのミニ版。天気が悪いときは行くべきではないルート。ナイフリッジなので常に声を掛けて注意を促しながら西峰に到着。

振り返って西岳を見ると右手にクライマーが登攀している。我々が通過したリッジもダイナミックに見えている。西峰からはいよいよ森林帯まで下りに掛かる、急な下降に鎖場交えて一気に森林帯へ。標高差が無いので時間は掛からないが人数が多い分待ち時間がかかる。森林帯から国道までは快適なトレランルート。一気にスピードが上がる。駐車場に午後2時10分に到着。荷物を整理し道の駅両神にある薬師の湯に向かう。温泉で汗を流し着替え、午後4時過ぎに東京に向かうが途中事故渋滞にはまり午後8時過ぎに武蔵浦和に到着晩秋の山旅を終える。

記録 Y・F



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.