春の浅間隠山

 

2015年3月28日

参加者 : 11名

先週の御正体山に引き続き日帰り山行で軽井沢正面にある浅間隠山に行く。
4年前の6月に会の個人山行で行ったときは梅雨の走りで曇天の中浅間山は見られなかったが
今回は素晴らしい天気に恵まれ、雪の浅間山が大きく裾野を広げ、参加者を受け入れてくれた。
朝7時に4人乗りのレンタカーを借り、11人で一路関越道・信越道で碓氷軽井沢インターに向かう。
途中少し渋滞があったが先週の中央道より流れは良かった

インターからは1時間かけて中軽井沢を抜け北軽井沢を抜け判りづらい道を道を進む
br> 二度上峠の道路標識が無く不安を感じるが今回はナビと言う頼りがあるのでそれに従って進む。
予想外に道路が雪が無くスタッドレスは無用になった。午前11時に二度上峠の駐車場に到着。
靴を履き替えて午前11時15分に歩き始める。山頂まで1時間30分の道のりなのでお気楽山行である。
途中から雪が出始めるがアイゼンを着けるほど凍ってはいない。天気は時間の経過とともに雲が少なくなり快晴に近くなる。

途中軽く休み1時間15分ほどで浅間隠山山頂1758mに到着。
最近この山は天気が良いと360度の視界で浅間山が裾野を広げて見られる所から人気が上昇中で200名山ではあるが無雪期は混むようである。

今回は残雪期とアプローチが悪いので貸しきり状態。山頂には少し雪が残る程度で広い。
30分の休憩時に定番のミルクティを作り各々景色と昼食を楽しむ。午後1過ぎに下山開始。
帰りはいつもの様に早く1時間強で駐車場に着く。荷物を整理し中軽井沢のトンボの湯に1時間かけて向かう。
有名な星野温泉のトンボの湯。無色透明の硫黄温泉で入浴料金は少し高いが軽井沢に来たら1度は入らないと話題に付いていけない。
風呂を堪能し午後4時中軽井沢を後にし一路東京に向かう。
関越で事故渋滞に巻き込まれながら8時過ぎに武蔵浦和に到着。
レンタカーを返し山行を終える。今年の日帰り山行は浅間隠を終えて4月から本格的な登山に入る。
今年は100名山含め行きたい山が目白押しなので会員の皆が楽しみにしている。

Y・F 記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.