参加者:  6名
2015年8月1日~3日

3日間晴天に恵まれ、まさに「岩と雪の殿堂」でした。
雄大で美しくそして厳しい山

7/31(金)晴れ
武蔵浦和駅22時集合、2台の車に分乗し信越・北陸経由で立山駅に向かう。

8/1(土)晴れ
本日の行程:立山駅→室堂→三田平(剱沢キャンプ場)泊
5時前立山駅到着
今回も初体験がいっぱい。ザック24.4キロこの重さ初体験、食材から飲み物まで手伝ってもらい20キロ弱でのスタート。
5:20チケット購入
6:20立山ケーブルカー乗車
6:40立山高原バス乗車
7:30室堂到着・室堂ターミナルではすでに賑わっていた。さすが夏休み突入。子供もパラパラ~春合宿時とは違う。 スタート前に記念写真を立山玉殿の湧水の碑前で撮る。
8:14みくりが池・鏡の様にうつりキレイ~
8:37雷鳥荘
8:55雷鳥キャンプ場…GWの立山春合宿とは景色(雪がなく)が一変
11:40剱御前小屋

休憩されていた登山者が私の重装備を見て「どこを登るの?」と、私は「長次郎からアタックで… もう一つのパーティは源次郎からなんです」なんてお喋り~「若くていいねっ~」(いやいやそんな) 「すごいねっ~」(まだまだその時は大変さわからず) 12:40剱沢キャンプ場 すでに賑わっていたがテント3張り近くに張ることができた。トイレあり、水場(冷たく美味しい水です。 ビールを冷やす)洗い場(生水飲用不可=温めればOK)丁度良い岩を調理台にしたり洗い場近しと便利。

14:20散策へ・剱澤小屋から剱岳を眺める。剱岳がつかめそうな最高のロケーション。 15:00明日に向けロープ講習 夕食はキムチ鍋~2鍋たっぷりつくったが美味しく完食。明日に向けお酒も程々に宴も早めにきりあげ解散。 テント3張り:男性5名・女性4名・2名で私は二人テント初体験。一言で快適でした。 Yさんの個人テントにお邪魔して二人のお城が出来たみたいでした。 お肌のケアーの話に盛り上がったり、出不精な二人はテント内の小窓から星を眺め満喫。慌てて就寝。

8/2(日)晴れ・ 本日の行程:長次郎出合→熊の岩→長次郎コル→剣岳→前剣経由→三田平 4:30スタート 余分な荷物はテント内サブザックに雨具、行動食、アイゼンにピッケル持参で…縦走2日目体は慣れリズム良く~ 朝日を浴びながら~ 剱沢雪渓(日本三大雪渓)を歩く~テント場にはあんなにいっぱいいたのに渋滞がなくホッとする。 源次郎パーティと別れる~「楽しんできてねっ~」「頑張ってきてねっ~」

5:46~5:56休憩 長次郎出合・長次郎谷 私たちだけの貸切状態、どこを見ても「雪と岩の殿堂」深田久弥氏の言葉ドンピシャ。「雪を背負って登り 雪を背負って降りよ」 新田次郎氏の小説が映画化された「剱岳 点の記」の言葉が頭をよぎる。 熊の岩を見上げた時の感動は言葉にならない。不安と興奮をかくすためと気合を入れるためスタミナ源に昔ながらの大きな飴をほおばる。 傾斜ありですが最高なロケーションのなか熊の岩を眺めながらワクワク登山。 風もあり涼しく快適に歩けた。 八ッ峰等の峰々のクライミングパーティをのんびり眺めたり~

7:49~8:15休憩 熊の岩上部…感動~感動です。まさか自分の足で来れるなんて。 オレンジテントあり(こんなところに~何とも贅沢 山も空もひとりじめ) 暑くなり首筋に雪を~こんな技も経験者ならではの知恵(熱中症対策ですねっ) 熊の岩上部を境に右股、左股に分岐するが左股を行く。ここからまた勾配きつくなる。 8:55~9:56雪壁と格闘・悪戦苦闘する カニになって登っては行けずロープを下げてもらうも雪がゆるんで登れず~もがいていたら指先が冷たさで耐えられなくなり… と理由はいっぱいあげられるが経験不足と心の弱さが出てしまった。

長次郎の頭が目の前にそそり立ち~ここまで来たかと元気になる。 長次郎のコルでアイゼンをはずす。 岩だらけ「キケン通行止め」の看板を見て慎重に登る。 写真や映像を見て ずっと憧れていた剱岳頂上~無我夢中で登る。 リーダーが後50mとというところで「Mちゃん」先にどうぞの合図 粋なはからいに 「本当にいいんですか」と言ったとたん感無量で涙が止まらず声をあげて泣いてしまう。サングラスの中は大洪水。 少し落ち着いてから一歩一歩岩を登る。山頂???あれっ~なんか違う~こぶ1つ違ったみたい。

11:00登頂 すでに山頂を満喫している方が「えぇ~どこから登って来たの?」こんな道あるのとビックリしている。 この時まで知らなかったが一般ルートではなくバリエーションルート登山だった。 すでに満員状態 晴天 360°パノラマ 山だらけ~わかった山は笠ヶ岳と白馬岳と今度行く五竜岳・鹿島槍ヶ岳。 Yさんより登頂お祝いのお赤飯を頂く~素敵な演出に いつか私も…と。グレープフルーツで喉をうるおす。 のんびり~山頂大満喫。

11:45山頂を後に下山 下りはカニの横バイ…一歩を確実にと先輩が足を誘導してくれる。 呼吸を整え「よいしょ」「よいしょ」と一歩づ鎖が大きくカラビナが小さくもたもたする。 次回は大きなカラビナが必要と思いつつ慎重に楽しく降りる。下りタラップから平蔵のコル(トイレ小屋あり) 13:00前剱前後のガレ場は下りで事故多発しているので気を抜かず…岩ゴツゴツ・ゴロゴロ緊張して通る。 急登とさえぎる樹木もなく直接太陽サンサン。腕の日焼けがヤケド気味 中部袖でなく長袖が必要だと反省しつつ 前に遅れないよう慎重に「一歩づつ 一歩づつ」と連呼しながら頑張る。

14:45一服剱 太陽サンサンと岩だらけで緊張していたせいかバテ気味。景色を眺め休憩。 剣山荘が見えリーダーよりそこで1本立てるとあり一気に元気復活。気持ちは「炭酸~炭酸」 一服剱から剣山荘まではお花畑の花が咲き誇り~ここはどこ~アルプス(まだ行ったことなしイメージ) さらさらと風がそよぎお花も葉もハミングしています~ 15:05~15:20剣山荘で休憩・炭酸でパワーアップ。 16:00三田平(剣沢キャンプ場)到着・お疲れさまでした。少し休憩後 今晩のグリンガレーつくり~

8/3(月)晴れ 本日の行程:三田平→室堂→立山駅→武蔵浦和駅 4:00テント撤収 4:30出発 下山時は学生さんたちに会う。たぶん合宿。夏休み到来だものねっ。立山なんでしょうか?剱岳なんでしょうか? 合宿でここに来れる学生さんは幸せだと思った。ペース速く…体力充分な年代に最高な景色に会えるなんて~ 雷鳥荘辺りではファミリー層も~(登山しなくてもここで十分景色堪能出来~いつか主人を連れて~) 雷鳥荘で振り返る。数時間前はあんな高い所にいたんだと…自分の足に感動。 8:20上空からパラパラパラっとヘリ~地獄谷の所へ降りたようだが又飛び立つ~ドクターヘリかと思ったが資材の搬入のようだ。 遭難情報は聞かなかったので無事でしょう。たぶん。

そして3日ぶりのお風呂「はぁ~しあわせ~」 帰りの車内で「次はたてばいもいいよっ」と 今はいっぱいいっぱいですがいつかはと思う。 身のほど知らずねっ~と思いつつ剱岳山行に連れてってもらいたく おそるおそるリーダーに確認。「いいよ」の即答 「一人でもリードします」と心強いお言葉に感動 参加させて頂きました。 三大雪渓の剱沢雪渓もすごかったけど私は八ッ峰を右手に見ながら熊の岩を下から眺めるのが最高でした。 あの場所に立った時の景色や空気 キンチョー感とこれからアタックするぞーと 映画「剱岳 点の記」の測量隊になった気分でした。

大人になり叱咤激励してもらうことがなくなる今日この頃 ほめてもらったり 心配してもらったり  おこって頂けることのありがたさに感動。いいなぁ~仲間 山岳会だからこそアルパインの世界を楽しみ大満足できました。これも経験豊富な先輩方々のおかげと感謝しております。 ありがとうございました。

記録 M.M



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.