槍ヶ岳集中(大キレット越え)

 

2015年8月14日~16日

槍ヶ岳から北穂(キレット越え)

2015年8月14日~16日
参加者:8名(キレット越え:3名)

いつかは槍と憧れていた槍ヶ岳 標高3180mの槍ヶ岳は北アルプスの象徴。鋭くとがった岩峰はどこから見ても一目瞭然。 岩・岩・岩 槍を登る技術もないのにいいのかなぁ~でのスタートでしたがことのほかすんなり登頂でき我ながらビックリ~かと思えば大キレット大変だとは聞いていましたが、写真を撮る余裕もなくただただ前進するのみでした。

8/13(木)
本日の行程:新宿駅22時集合→中央道経由 松本インター→沢渡P(仮眠) 22:00新宿駅出発~談合坂SA~双葉SA~0:35諏訪湖SA~松本IC~運転交代しながら2:10沢渡P到着(仮眠)・自販機やトイレあり助かる

8/14(金)
本日の行程:沢渡P→上高地→横尾→槍沢ロッジ→大曲(北鎌パーティと別れる)→槍ヶ岳山荘 4:00起床
4:30バスに全員乗車出来ずみおくる
4:55バスに乗車
雨音を聴きながらどんより空や変わりゆく景色を眺め~バスにゆられうとうと~
6:00上高地バスターミナルからスタート
山を登る時 出来れば天気であって欲しいと思うが今回は2日目が天気ということで ザアーザアー雨が降らなければOKと覚悟ができている。皆カッパを着用。  上高地のシンボル河童橋~止まってくれると思ったら~スル~観光じゃないものねっ。気合を入れ直す。小梨平キャンプ場~テントもファミリ―も多し…今はお盆休暇の 時期ねっ。人なつっこい猿2頭に見送られ?梓川にはカモがスイスイ~気持ちよさそう

6:48明神 雨が止みはじめ蚊がすごし
こめかみに刺されかゆし梓川の左岸に沿って明神から徳沢へ せせらぎ良し小鳥のさえずりさわやか~水たまりあり気をつけながら歩くまだまだ元気
7:45徳沢1562m合言葉のように「帰りはソフトクリームねっ」と人気ソフトクリーム のよう~
今食べたいが…下山中のお楽しみなのかなと我慢する。
「今日はいいけど明日はキレット岩稜乾いているといいねっ」なんておしゃべりをしながら休憩をとる。

8:56横尾1620mここから少し石の形状が大きくなり少し歩きずらし~吊り橋前は 険しかった。
10:06一の俣1705m 樹林帯を抜け
10:46槍ロッジ からは赤沢山の岩壁を見上げながら歩く
12:05~12:25大曲2094m(ここで北鎌パーティと笑顔で別れる 「バイバイ~」)

雪渓を通過したり お花畑をジグザグに登って傾斜は急になる~雨が止んだら 今度は身体が暑くなりカッパを脱ぐがヘトヘトに今までの疲労が蓄積されての急登キツシ…槍はガスの中~テンション上がらず…槍が出ますようにと祈りながら歩く。岩ガラガラ ゴロゴロの登り 探すつもりはなかったが坊主岩小屋=播隆上人(槍ヶ岳初登頂 開山)が寝泊まりした場所通過。内を覗いたらお粗末なことに…モラルがないなって感じです。

15:00北鎌尾根から下山した青年に会う。ガスっていて少し迷ったらしい。おしゃべりをして少しパワー復活。
右手に殺生ヒユッテを見ながら槍ヶ岳山荘を目指し急登を登って行く~槍ヶ岳山荘はすぐそこに見えるが登っても登ってもつかず最後の勝負どころとおもい力をふりしぼり頑張る。岩にペンキで「300」後300mということねっ。「150」「110」疲れはマックス。槍ヶ岳はガスがかかっていたのでお楽しみは明日かなぁ~と頭をよぎる。後110mあたりから槍の穂先は見えないが槍の裾野?下部が見 えはじまる。
15:55槍ヶ岳山荘3060m到着~一気に人が多くなりにぎやかさを増す。ちょっとした遊園地なみである。

小槍まで見え最高なロケーションだものねっ。混むのあたりまえねっと勝手に納得。槍・小槍~大迫力 槍ヶ岳の岩壁にへばりつくように登る人を眺めるのも最高。
部屋は山名で統一のよう 私たちは「北穂」部屋 入って右垂直タラップを上がり2階屋根裏風の部屋 大阪からいらした3名と相部屋~乾燥室もいっぱい…談話室もいっぱい…廊下も人であふれていて何もできず…部屋でごろっと寝てしまう。館内アナウンスで目が覚める。「乾燥室で乾かした物…間違えて持って行かれた方~」や「何時何分の食事の用意ができました~」と。お腹はすいていたが夕食の順番はまだまだなので…カッパを乾かす。

廊下にストーブを出してもらいカッパを着て乾かす。ストーブを囲み三重県から来た青年とおしゃべり~好きな山は?や「パー ティで登れるなんていいですね」「明日はキレットですか」に盛り上がり~「6:50の食事の準備できました」とアナウンスあり~青年とわかれる。やっとの夕食お腹がすきすぎおかわりをする。白いご飯美味しかった。食後槍が見たく外へ…出た途端きりで ほぼ視界ゼロ槍どころではありませんでした。なので8時過ぎには就寝~爆睡でした。山荘内も大混雑 夕食も数交代制で待ちましたが女性スタッフが多いのとなんといってもトイレがきれいで快適に過ごせました。

8/15(土)
本日の行程:槍ヶ岳3180mアタック→中岳→南岳→北穂高岳→涸沢
朝イチで槍を見たら~空が明るすぎたのかやわらかい朝焼け槍は小槍も見え最高なロケーション
4:40朝食 5時からの予定でしたが大混雑の為早めのオープン
5:15山荘出発し槍ヶ岳へ→5:55ヤッター槍ヶ岳山頂→6:20下山開始→6:50到着
槍を見上げるとすでに大行列そのまま大行列の中に…頂上も身動きできないほどの大混雑上下一方通行状態で満喫する余裕なし。槍ヶ岳大人気ねっ。槍の穂先で槍ポーズ記念写真をと思っていましたが あの混雑ですっかり忘れてしまい…下山中に思い出したがすでに遅し。それよりハシゴや鎖がしっかりあるが慎重に下山しないと。 快晴の予感・素晴らしい青空と山々~注意事項再確認
7:15山荘を後に出発 キレットに胸が高鳴ります。
8:20中岳3084m かなり気温も上がってきました。これ以上日焼けしたら痛いのでしっかり日焼け止めを塗りバッチリ。
9:40南岳・9:53~10:10南岳小屋
いよいよ始まるといった感じでしょうか?準備を整え気を引き締め3人で「オォ~」と気合入れスタート
10:50長谷川ピーク・キレット越え
次々に現れる石の壁?岩?高度感抜群なので のぞき込んだら怖くなり動けなくなったら大変と思いのぞかず リーダーのお手本をまねて通過したり 前の人の足の運びを見習ったり どうにか探せばホールドや足を置くところあり「三点確保」の「三点」「三点」と復唱しながら慎重に一歩ずつ前進のみ。余裕なく景色もチラッとしか見れず無我夢中。通過後「すごいねっ私たちあんなところから下りてきたのよ」「こんなにいい日に来られて最高」「岩が濡れてなくて良かった」と喜びあう。

13:55~14:20北穂高岳・北穂高小屋から涸沢は下りばかりでヘロヘロ
~鎖 ハイ松帯 岩ゴロゴロと長い下りにハラハラしながらも鎖をロープに見立て懸垂下降~すいすい~その後降りてくる方を見ていましたが…懸垂下降を知っているか知っていない かの差はすごいなぁ~と実感。
ロープワークの基本を学んだからこそ今回の鎖数十mの降下もこわくなく自信を持って安全に安定して下れた。
私はいつの間にか知識が増えたのねっとうれしくなる。実践を重ねるうちにひとつひとつ自分の中で確かなものに変わっていくその手応えは自信につながり又充実感と楽しさをもたらしてくれます。

16:55涸沢ヒュッテ
部屋はお花名で統一され? 私たちは「コケモモ」のお部屋お盆休みのピーク時なのに一部屋頂けお布団も一人一枚とありがたいが混雑覚悟していたので拍子抜け 3名で1部屋と広々快適だった。面白いアクシデントあり後でわかったが増築の繰り返しなのでしかたないのかな?

食事は山を眺めながら何とも贅沢~美味しかった。
食事処には白旗史郎氏の写真が飾られており「天狗池から槍ヶ岳」「紅葉の涸沢」「千枚岳からの富士山」に心奪われました。
オーナーが映画「岳」に協力したようであちこちに「岳」の写真あり登山ブームだった昭和40年頃の登山道具や岩登り道具展示。
昔のアイゼンに感動。道具が日進月歩した今だからこんな私でも登山出来るのねっと思いました。おのぼりさんなのでデッキをぶらぶら~星はまだ見れず。 同年代の方とおしゃべり~「2回天候悪く槍に登れなく今回登頂出来た」と感動が止まずって方に会い~私以上にテンション高々。
やっとやっと憧れていた山に登頂出来た喜びや2回登れなかったことは後悔していない(山荘泊も楽しいと)や悪天候時は無理は禁物だものねっと。私もそう思う。

8/16(日)
本日の行程:涸沢ヒユッテ→パノラマコース→屏風の耳でしたが土砂崩れあり通行不可
よって横尾経由→上高地→沢渡P・温泉→新宿駅解散
朝焼け最高~キレイ~出発準備完了~朝日を浴びながら涸沢ヒュッテでのんびり記念写真~またきたいなぁ~
6:10出発 石段道 樹林帯 ガレ石をリズムよく歩く(Yさんから習う)
7:30本谷橋 橋横で休憩グレープフルーツでパワー回復
沢に手を入れるとすぐジンジンする冷たさ~首や顔を冷やしさっぱり~巨大な屏風岩に圧倒しながらリーダーに「クライミングのメッカだよっ 」と色々説明を頂き えぇ~こんな所登る人がいるの?好きな人にはたまらん場所のよう スイッチが入ったら大変。

8:34横尾
8:45北鎌バリエーションメンバーと合流
8:47ビックリな出会い リーダーのお嬢さんと会う こんなことあるんですねっ。
リーダーが一番ビックリしていた。
「Mちゃん今日も山ガールだねっ」といってくれるF氏に感謝 私にとって 最高にうれしいい褒め言葉です。いつもありがとうございます。
サングラスをかけ遠目はギリギリセーフかな?(そんなことはない)どこから見ても立派な中年に成長した今、年を重ね失っていくものもいっぱいあるけど…山を初め得るもの多くなった今日この頃 ~第一に会の素敵な仲間だったり また自然の感じ方も。木や草花、景色、四季の移り変わり~若い時よりも敏感になっている自分~今がいいなぁ~

9:45徳沢 名物のソフトクリーム どこかのキャッチフレーズではないがヒンヤリのど越しよく~濃厚
11:20河童橋 来る時よりにぎやか~天気良好 日曜日でお昼前だものねっ。
焼岳が見え~いつか登れたらいいなっ~と。
11:34上高地・11:40バス出発
沢渡P
さわんど温泉 木漏れ日の湯と食事 私は山菜そば さすが長野こごみやふきのとうと山菜豊富 香り良く感動。
温泉と食事に来るだけでもいいかなぁ~と。
13:50沢渡Pから東京へ
19:50新宿駅到着・解散

今回登山をして北アルプス人気な理由はアクセスも良しですが整備が行き届いているからだと思った。
岩にはペンキで方向矢印や○・×・1500・300と標識。それに登山しやすいようにと石段 良いピッチでになっている。至れり尽くせりの登山道。 無事に槍ヶ岳登頂と大キレット通過できました。本当にありがとうございました。
今回覚えたこと共同装備のコンロ使用せず…かさばるのになんで~ビバークした時用と知り本当にためになった。
天候の急変やあらゆる不測の事態を想定しながら装備の必要性を感じました。
・写真の撮り方(Yさんより伝授)
・足の運び方 私は下山が苦手…膝を使う方法やゴロゴロ岩下山時の足の運び
大きく安定性のある石を見極めのる方法や石を押し付ける技を習う。

記録:M M



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.