2016年1月9日
新春 蝶ヶ岳

平成2819日(土)~111日(月)
参加者 11

 お正月明け早々の三連休を活用した雪山と冬の上高地も訪れたく、冬の入門と言われる蝶ケ岳を計画した。 蝶ケ岳へのルートとしては横尾経由と長塀尾根からの2通りあり、多くの人は登りが短い横尾から蝶ケ岳~長塀尾根を選ぶが今回は長塀尾根とした。

長塀尾根は蝶ケ岳まで長い登りが続き、雪の多いラッセルを伴う場合は頂上へ至らない場合もあるが、横尾経由とすると稜線での強風で頂上へ行けない事も予想されるので天候が悪くても頂上へ行ける長塀を選定した。

1/8(金)
 初日の行動は徳澤園までであり、沢渡へは早朝に着く必要がないのでいつもの車中泊ではなく睡眠がしっかり取れる様に旅館を利用した。 せっかく宿利用ならと新宿集合はいつもり早く9時半とし、松本郊外の宿へ向け出発する。 高速は順調に流れており、休憩1回で松本ICへ。そこから宿までは15分位で宿に到着できるはずだが、夜中で看板が分からずにしばし探し12時半着。 早々に皆布団へ入り就眠。

1/9(土)
 夜半からの雪で道路にはうっすら程度に積もり、7時出発時にタイヤチェーンを巻く。
しかし雪は宿周辺のみでしばらく進むと雪はなくなるが、凍結の危険性はあるので チェーンは外せないまま沢渡着。

タクシー会社への予約連絡時では1台とのことであったが、現地では数社で対応しており5台位が待機していた。連休初日の朝でたぶん予約客が複数いたのだろう。 常に待機して居る訳ではない様で、事前予約は怠れないはずである。 沢渡と釜トンネルを2往復と支度完了し9時半に行動開始。

新釜トンネル内は凍結はしておらずアイゼン不要で、ヘッドライトを点けて暗闇の中を20分くらいで抜ける。 大正池までも除雪された道を時折工事車両が脇を通過する中順調に進む。 大正池ホテル脇の河原で休憩。焼岳は望めるが、穂高は雲の中。 本日は天気は 良さそうなので、穂高を望める事を期待しながら河童橋へ向かう。しかし残念ながら雲は晴れず、結局本山行中は一度も穂高を望めず残念であった。 いつも見てきた人だかりの河童橋ではなく、冬期の上高地に来た実感がでる。 明神館過ぎた頃からは晴れ間も出て明神岳の雄姿が見事である。

徳澤園には15時過ぎに到着。3張り程度のテントしかなく我々の後も2張り増えた程度で、三連休の割には入山者が少ないと思わる。 皆で地ならしし2張りのテントを設営する。 しかし今年は積雪が少なく数十センチ掘ると地面に突き当たり竹ペグが効きづらい。

1/10(日)
 昨晩も雪が降りだし10cmくらい積もり、真っ暗の中を5時過ぎに出発。  他パーティはやはり横尾経由であり本日長塀の先陣グループとなる。  昨晩からの積雪も多くなくトレースは判別でき問題なし。 尾根取つきからチューダイ広場まで急登であったが快調に進む。一瞬であったが晴れ間も出て、頂上では絶景が見れるかもと期待させるが、曇りから雪へと変わりすぐに期待は裏切られる。 途中で単独の下山者と会い、昨日の頂上では天気良く絶景であった事や上部では 昨晩の降雪でルートが判別しにくいとの情報を受ける。

長塀山までは延々と長く感じ、考えていた以上にきつい登りであった。 稜線に出ると案の定で風が強くなり、さすがに北アの稜線である。しかし行動には支障がなく立っていられる程度であった。本来の強風ではない中、12時過ぎに頂上着。 横尾経由の登山者情報では風は弱めであるが、時折突風が吹き体が飛ばされそうになることしばし、横尾からの登山者は来た道を引き返す者もいたとの事。

天気が良ければ頂上~蝶槍~横尾の周回ルートもありだったが、この天気では眺望はないので、登ってきた尾根をまた下る事とし、頂上は写真撮影だけ済ませて早々に樹林帯へ退避して大休止。 頂上を踏めたのでメンバーは満足したと思う。

苦労した登りを軽々と下るがやはり長い道のりであり、徳澤園には先発組は15時過ぎ、後発組は16時過ぎに到着した。

1/11(月)
 テント撤収に時間がかかり十分日が昇った7時出発。手際の悪さが改善課題である。 昨日の疲労も残っているせいか、予定より時間がかかって釜トンネルへ着。 帰路は車のアクシデントに対処しつつも、渋滞ないおかげで18時過ぎに帰着できた。

雪山の北アルプスへ行けた満足はあるものの、暖冬のせいで冬期ではなく春山の様であった。(タクシー運転手は、今までで一番雪のない正月との事で異例との話) 本来の厳しいアルプスはこんな物ではない事を認識していてほしい。                                              記 E.N.



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.