2016年2月6日
厳冬期 西穂高独標(1)

平成28年2月6日(土)~2月7日(日)
参加者 18名(男性:11名・女性:7名)

独標とは「独立標高点」の略称で、本来は「地図上で標高が記載された点」という意味らしいですが、山登りで「独標」といえば一般的に北アルプスの西穂高独標や北鎌尾根独標のことを言うようです。西穂高岳に続く稜線上にあるピークですが、山の名前のようになっています。

2月6日(土)
9:40
新穂高温泉からロープウェイを2台乗り継ぎ新穂高口駅へ到着。 シラビソなどの樹林帯のトレースをたどり細かいアップダウンを繰り返し進みます。
11:25
樹林帯から解放されると西穂高山荘に到着、北アルプス稜線で唯一通年営業している山荘のため冬でも登山者が多く賑やかです。
14:10
ガスが立ち込め視界不良のため山荘で一休みしたのち丸山を往復、翌日の独標アタックに備え山荘前の斜面を利用してロープワークの練習。 初級とはいえ独標は北アルプスの一端。標高2701m、遮るものが無く、天候によっては諦めざるをえない山。特に独標の基部からの登下降は岩稜の壁、気を引き締めて臨むよう注意を受ける。

2月7日(日)
5:00
起床、外に出てみるとガスに包まれている。昨日の夕方からガスが切れ、夜には満天の星空が見えていたのに….、またガスに覆われてしまった。がっかりしていると6時からの朝食時に西穂山荘に常駐し情報を発信してくれている粟沢徹氏から気象情報の発表。 天候は回復傾向、昨晩から吹いている風も徐々に収まり、ガスもとれてくるとのこと、嬉しい!
6:40
アイゼン・ピッケル・ヘルメット・ハーネスを装備して全員で出発、まずは西穂高岳手前の丸山へ向かう。山荘をスタートして30分ほどで一つ目の目標、丸山へ到着。ここから二班に分かれて行動、12名で独標を目指します。見る限り独標手前までは大したことなく行けそうに見えるけれど、独標手前の岩場が遠目で見てもわかるほど急斜面、大丈夫かと不安になる。相変わらず風強く、目出し帽で顔を覆わずにはいられない。
まず立ちはだかるのが、斜度30度近くの急坂。大したことないと思った斜面、実際に登ってみるとなかなかの急こう配で登り応えあります。急坂を登りきると、いよいよ岩稜エリアに突入、左奥にとんがったピラミッドピークと真正面に西穂独標。

8:00
独標手前基部までやって来ました。ここまではある程度注意すれば来れるのですが…独標手前のこの最後の登りが今回の核心部。 ロープ2本を確保用に張るためEN氏 MS氏 TS氏がロープを持って先発する。
12名全員を事故無く帰すため、リーダーのピリピリした気持ちが伝わってきます。ロープがセットされ私達もアイゼンを蹴り込み、ピッケルを差し込みながら雪のついた岩壁を登ります。
8:20
ロープと途中から鎖があり夢中だったせいか恐怖を感じることなくピークに到着、笑顔で握手を交わしました。
この頃にはすっかり天候が好天し、ピークからは大展望を堪能。前方には西穂高と右奥に奥穂高。 急峻なゴツゴツの岩山は雪に覆われ威圧感ありすぎ。一昨年前の夏、このルートを縦走しましたが、夏山と冬山の厳しさの違いを思い知らされます。厳冬期、ここから先は熟達者の領域なのですから。笠ヶ岳、焼岳、乗鞍岳、歩いてきた稜線、ピークからの景色はとにかく高度感あります。 集合写真を撮り下山開始。独標直下でのキックバックステップとピッケルの使い方について再度注意を受け緊張しながら降りる。岩に足を引っかけたり滑ったりしないよう、アイゼンでロープを踏まないよう慎重に下る。
8:50
時間的にはあっという間でしたが緊張感あり、基部に着いた瞬間はホッとしました。岩場を越えてしまえば一安心。あとは危険箇所もなくて稜線を下って行くだけ、丸山でロープ回収者を待ち下山。

11:15
西穂高山荘でザックをパッキングし直し新穂高口ロープウェイ駅へ向け来たときと同じ樹林帯を引き返します。 クリスマスツリーのような木々。行きには見えなかった青空も見え、先ほどの吹き曝しの雪原とはまるで違う優しい風景です。 ロープウェイで無事に下山完了!
リーダーはじめ何時もご指導、サポートして下さる皆様、本当に有難うございます。

以上                                              記録 T・N



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.