雪のモンスター・西吾妻山

平成29年2月25日(土)

参加者 18名

2/25 22:00 武蔵浦和集合
2/26 8:00  グランデコスキー場リフト

      8:50       登山口
      10:30     西大嶺到着
      11:40   西吾妻小屋
      12:00        西吾妻山山頂到着
      14:00       下山

今回、西吾妻山のモンスター 樹氷を見がてら、百名山の冬の西吾妻山を楽しできました。
一昨年私が行った時は、快晴で青い空とたくさんの今でも動き出しそうなモンスターの景色がとても大きな感動でした。そんな景色を皆さんにも見てもらいたくて山行計画に入れてもらいました。

2/25  武蔵浦和駅に18人のメンバー集合。
もう真冬の様な寒さは感じられない夜でした。
那須SAで仮眠を取り、朝グランデコスキー場へ向かいました。
途中、日本海側からブルーアワーの綺麗な朝焼けが見られ青い空を期待をしてましたが、猪苗代湖インター辺りは残念ながら曇ってました。 

 グランデコスキー場へ到着し1人4枚の回数券を購入し、ゴンドラで2枚を使用。登りてもう一枚リフトの乗り継ぎで使用。残りのもう一枚は帰りのゴンドラ用です。

西吾妻山までスノーシュー、ワカンハイクを楽しむため、登山口で装着。先行者がつけたトレースが既にあり、樹林帯の中を登っていきます。途中、迷わないために所々に赤布を付けていきます。相変わらず曇りと雪が少し舞うお天気。時折視界が開けて薄っすらとモンスターのなりかけの木々が姿を現わしましたが、すぐにガスの中にモンスターは消えて行ってしまいました。風は然程強くなく助かりました。

森林限界に近いゲレンデの様な登りを登り切ると西大嶺に到着でした。来なら西吾妻山までウヨウヨいるモンスターの姿がたくさん見られたはずが、ガスで真っ白で何も見えず、一旦下りる先もわかりづらい程でした。うる覚えの記憶と現代の力を使用してGPSで現在地確認と行き先の方向を確認。赤布を付けた竹を差しながら先を進みました。

先行者のバックカントリーのトレースとGPSを頼りに進むリーダー。何度も何度も方向を確認しながら進みました。今年のモンスターは少し育ちが悪く雪のつき方がイマイチでした。ガスの中に薄っすらと浮かぶ赤い屋根が見えたらそこは西吾妻小屋に到着。風が少しあり、髪の毛が白い糸の様に凍ってる状態になる程気温は下がっていた様です。

登りは休憩無しで山頂を目指します。小屋から先、段々モンスターも巨大になってきました。まるで怪獣が行進している様で今にも動きそうです。青い空だったらと悔しい想いを胸にしまい、12:00山頂に到着しました。結構強い冷たい風が吹いていたので、山頂では集合写真を撮って退散。西吾妻小屋まで下りてきて、休憩をしました。下山は赤布を頼りに迷いなく西大嶺へ。途中の赤布付きの竹は回収いたしました。これを頼りに登ってきた人もいた様です。

下山途中から青い空と太陽も顔を出してきました。少し遅くの天気好転。残念でした。14:00過ぎにスキー場に到着しましたが、都内へ戻るのに渋滞も考慮し、お風呂は無しで帰路へ。猪苗代湖インターへ乗る頃には真っ青な青い空が広がってました。稜朋会では珍しいワカン、スノーシューの山行。私も今回の使用のために購入しました。たまにはワカン、スノーシューハイクも楽しいですね。

今回は残念ながら青い空と白いモンスターの世界を楽しむ事ができませんでしたが、ガスガスの中の雪山歩きの怖さや回避の仕方など学ぶ事もたくさんありました。都内からもグランデコスキー場行きのバスも運行してますので、青い空の時にリベンジしていただきたいと思います。何も事故も無く、楽しい山行となりました。
                                                                                              記録 H・Y



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.