残雪の恵那山 

2017年415日(土)~16日(日)
参加者15名(男性10名、女性5名) 

今回は長野県・岐阜県にまたがる百名山、残雪の恵那山を登る。 

414日(金)2245分新宿駅集合にて、一路中央自動車道にて小黒川PAを目指す。

415日(土)晴れのち曇り霰・本降り雨のち晴れ
500分起床 小黒川PAを発ち、恵那山広河原ルート駐車場着。
装備を整え6時45分出発。

川沿いの林道を30分ほど歩くと広河原登山口に到着。そこからいよいよ本格登山の開始。天候は日差しもあり、まずまずの晴れのコンディションのなかペースよく坂を登る。林の中を3合目あたりまで登ると雪があらわれ、踏む抜きなどを注意しながら進みます。

途中展望を楽しめる箇所もあったが、次第に天候は曇りはじめ1010分ごろに稜線の着くころには、曇りから薄いガスにおおわれる生憎の天候となる。1040分恵那山山頂着。記念写真撮影。恵那山神社奥宮本社に無事の登山を感謝してお参り。

20分ほど山頂に滞在後、1100分下山開始。
リーダーの指示のもと下りは軽アイゼンを装着してペースよく下山。天候はさらに崩れ、下山開始とともにあられ・小雨・登山口に着くころには本格的な雨となる。

1340分全員無事下山。
本降り雨のなか駐車場到着。
往復約7時間、約10キロ行程となる。それでも、計画よりも1時間ほど早く下山した後は、道の駅信州平谷へ移動。次第に天候も回復し、道の駅に併設されている『平谷温泉ひまわりの湯』にてゆっくりと広大な露天風呂を楽しむ。夜は道の駅横の駐車場にて、美味しい食事と宴会を楽しみテント泊となる。 

416日(日)晴れ
4時起床 平谷温泉を発ち昼神温泉朝市に立ち寄る。まだ満開までは少し早い花桃を楽しみながら、地元の特産物などのお買い物。新宿へ向け帰路に就く。 

後記:参加15名全員で山頂を踏み、無事の下山に感謝です。
準備いただいた計画・装備・食事等々ありがとうございました。
いつもながら、美味しい食事を楽しませていただきました。今年初の本格降雨に雨男は一体誰だろうと思いを馳せながらも、サポートいただいた様々なことがあって、遠距離の山に週末行って帰って来れる事に感謝しつつ、次なる山との出会いを楽しみにしたいと思います。

                            係 K.M



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.