忘年山行 大岳山  平成29年12月23日(土)

参加者11名

記録

新宿スバルビル前AM7時—八王子インター経由—AM8時20分桧原村会の山小AM8時50分—AM11時30分大岳山山頂PM12時10分—PM2時会の小屋PM2時30分—PM4時20分新宿

本年度の計画山行の締めくくりとして大岳山に行く。桧原村から登るのは登山口にある稜朋会の山小屋の点検を兼ねている。山小屋の鍵をM名誉会員の実家のポストから借り、小屋を開ける。

小屋全体の概観は40年以上経過しているので草木の伸びたツルで一部覆われているが部屋の中は箒で掃く程度で十分使える状況であった。天井の隙間が構造上元々空いているので風通しが良いのが良いのかも知れない。

ツルを取り払い、部屋を掃き掃除し鍵を閉めて一路大岳山に向う。大岳山はハイキングコースとしてはメジャーであるが御岳山からがメインなので桧原村からの裏コースは登山者は殆どいない。途中つづら岩の下見をする。

来年度以降のロープワークには岩壁の一番左側の岩場が講習には適している。懸垂も可能で経験の浅い会員には技術的に良い岩場を提供している。

つづら岩の下見を終え2時間弱で大岳山山頂に到着。天気予報は曇りとなっていたが遠くは富士山も見え、薄日も射し程よく身体を動かす良い山行となった。

30分のんびりして、一気に白倉を目掛けて下降する。枯葉の中ぐんぐんと高度を下げていく。2時間弱で白倉の村落に着き、車道を20分歩き、会の小屋近くにある駐車場に着く。綺麗な公衆トイレが横にあるので便利である。

この後は渋滞も無く、新宿に明るい内に到着し、1年の締め括り登山を無事に終えた。

記録 Y・F



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.