平成30年3月24日

『春の磐梯山 山行記録』

3月23日22時、集合場所の武蔵浦和駅から2台の車に分乗し総勢15名で出発。

途中、佐野SA、那須SA、にてドライバー交代を行い翌24日2:30頃道の駅に到着、仮眠する。

当日は快晴に恵まれ7:40に裏磐梯スキー場を出発。

当初は、ゲレンデトップまでスキー場のリフトを2本乗り継ぐ予定だったが、2本目は営業しておらず、1本目の運行時間が約1時間後の8:30からである為、リフトは使用せずに、全行程を歩く事とした。

下山後はリゾートホテルの大浴場にて生姜湯につかり疲れを癒す。

夜はテント泊にて豪華な夕餉で会話が弾み10時過ぎに爆睡。

25日早朝発で武蔵浦和に10時頃到着、解散となる。

【行程記録】

スタート地点(スキー場駐車場)7:40⇒8:10ゲレンデトップ8:15⇒8:30銅沼⇒8:50イエローフォール9:00⇒11:50 1550m地点(中の湯跡からの稜線上)12:30⇒13:20磐梯山山頂13:40⇒13:50弘法清水14:10⇒14:20稜線分岐⇒14:30櫛ケ峰分岐⇒14:55イエローフォール⇒15:15銅沼⇒15:35ゲレンデトップ⇒15:50ゴール地点(スキー場駐車場)

◇スタート~ゲレンデトップ

緩やかな登り、整地されたスキー場内の端をウォーミングアップを兼ねてゆっくりと登る。約30分で到着する。

◇ゲレンデトップ~銅沼

木々の間を抜けて歩くが、赤布などの目印はなく先行したスノーシューのトレースが頼りになる。

◇銅沼~イエローフォール

凍り付き一面が雪に覆われた銅沼の上を歩く。冬にしか取れない水上のルート。

この時期は気温が上がってきており一部溶けて水面が覗くところもあり、沼に落ちるのでは?と心配する。

雪解けが進み、イエローフォールはかろうじて雪面を黄色く染めていた。

◇イエローフォール~1550m(中の湯跡からの夏道) 

今回の核心部!

この時期のルートとして、イエローフォールから東に向かい櫛が峰の分岐を通るルートが一般的のようだが、西側に向かい中の湯跡から山頂に向かうルートに出会うまで直登するルートを選択する。

ザレた急斜面を薄っすらと覆う氷雪。小雪崩やマシンガンのように襲ってくる石を避けながらの登り。

更に岩と雪のミックスの急登もあり、タガーポジションでアイゼンを効かせ、落石を注意しながら慎重に登る。

中の湯跡からの夏道のルート手前では、ほぼ垂直でホールドのない壁に遮られルートファインディングに30分以上を費やしたが、このルートを下ることはより危険度が増すとの判断と、なんとしても山頂に到達したいという強い思いでF代表がルートを開拓し安全に登ることが出来た。

雪山が初めてのメンバーもおり心配したが、中堅メンバーのリードにより全員が無事に核心部を通過した。

◇1550m(中の湯からの夏道)~山頂

山頂へは約300mの登りになる。かなりの急登だが、最後の登りで山頂も見える為一気に登りきる。

◇山頂

岡部小屋という文字が見えるが、小屋は雪に埋もれている。

快晴の中、猪苗代湖や会津の街並みを見下ろし、遠くには月山など東北の山々がはっきりと浮かぶ眺望を楽しむが、風が強く早々に下山する。

◇山頂~イエローフォール

途中、日当たりが良く風を凌げる「弘法清水小屋」前で休憩をとる。

下山は猪苗代湖スキー場へ向かう夏道を下り、櫛ヶ峰の分岐から樹林帯を抜けイエローフォールへと下る。

◇イエローフォール~ゴール(裏磐梯スキー場駐車場)

途中銅沼の上を歩くが、朝よりもさらに氷が脆くなっている印象を受ける。

【感想】

かなり険しい箇所もあったが、メンバー1人1人が「登る」という強い意志のもとで

団結できた。

急な登りの連続で堪えた場面もあったが、好天と雄大な眺望に励まされ全員で無事に登頂・下山出来、記憶に残る最高の山行となった。

解散後のニュースでは、阿弥陀岳南稜で7人が滑落、3名が無くなるという事故が報告されている。亡くなられた方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

今回の山行で得た自信を過信することなく、今後も経験を積み楽しい山行の継続を心がけたい。

KT 記



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.