阿弥陀岳北稜 カンテルートAパーティ 

感想1 (T・N)

今回、阿弥陀岳北稜カンテルートを積雪期にアイゼンで登る初体験をした。

春の残雪期にもかかわらず冬に逆戻りしたような氷点下の寒さ、冷たさ、雪がちらつく中での登攀は、雪山とクライミングの贅沢な山行となった。

雪山は経験というがまさにそのとおり! 会山行でいろいろ体験させていただいたおかげで山の急傾斜でも腰が退けるような事なく楽しめるようになったが、今回は少々違う。

岩をアイゼンで登る初体験に苦戦、無雪期との違いを痛感する。特に苦戦したのが第1岩稜の最初の垂直のとりつきだ。手袋で岩をしっかり掴めない、ホールドがわからない、アイゼンが滑りそうで岩に足が乗せられないのだ。

苦戦する。小さな岩の出っ張りに思いきって乗る。何とか身体をあげる事が出来た時はホッとした。第1岩稜上部で左周りのクラックルートチームと合流する。

ここからは足場やホールドの見つけやすい岩場のためフィックスされたロープにプルージックで安全をとりながら頂上を目指し、全員無事に登頂することが出来た。

阿弥陀岳北稜はクライミング初級というが、とても自分一人の力では登れない。ロープをフィックスしサポートして下さった仲間達に感謝です。

改めて感じるのは経験の大切さだ。少し前まで雪の急傾斜では足がすくんでいたが、アイゼンワークやピッケルの使い方を教わり自分で経験した事で今では楽しく歩けるようになった。

クライミングも経験を積むことで少しは上手になれるだろうか(笑)

雪山は気象条件も厳しく、ときにはラッセルをする体力も必要となる。ピッケルとアイゼンという雪山専用のギアを使いこなさなければいけない。

防寒対策のウェアやギアを持つことにより荷物の量も増え、それらを背負う力も大切だ、あらゆる面で夏山より厳しい。しかしその厳しさに立ち向かうことで得られる充実感と達成感は、夏山では味わえないものがある。場数を踏むことの大切さを痛感した山行であった。

感想2 (K・S)

「自分との戦い❗」
「右カンテルートチーム」計画書が届く。??。「大丈夫!Kはできるから…」と。ルートを見ても写真では良くわからない。不安はあるものの昨年まで数コースのバリエーションルートをチャレンジしてきた。
が…第1岩稜取り付きに着いたとたんドキドキ!3パーティーに分かれる。Fさんビレー準備。Sさん、あっという間に登って行く。Nさんにビレーが代わり、私の番「さあ!」足をかけるが次の手がかりがない!「えっ⁉️」Sさんの行ったルートをたどるが行けそうにもない。

その左側、足をかけた目の前の岩と岩の間に足をかけようとするがひっかからない。アイゼンでの足取りに苦戦。数分さぐってみるが段々腕の力がはいらなくなった。身体が振られる。「もうダメ‼️行ける気がしない」「Fさん」叫ぶ。

「ダメだ!泣いてもダメだ!」Fさんの激怒がとぶ。アドバイスを受け挑戦するが…登れない。涙があふれる。「やめる!いやぁ‼️」
自分でもなにを言っていたかは覚えていない。ずっとFさんの激怒も続いていたが必死で何を言われているかは覚えていない。振られる…。

しかし…ビレーをしているNさんの「大丈夫!Kちゃん行ける!」の声がハッキリ聞こえた。最後、一番先に足をかけた場所からかなり左側にずれ登ってみる。

1歩、2歩…ようやく前に進んだ。「1つ目の支点まで行けば大丈夫!」Fさんの声がようやく耳に入ってきた。「見えた❗頑張るからもう少し待ってて」と叫ぶ。

支点にたどり着くとSさんの姿が見えた。もう少しの所で…ロープが岩にひっかかりプルージックが進まない。あと戻りして、クラックチームのNaさんが直してしれた。

ようやくSさんの元へ。岩にしがみつく。相変わらずクールなSさん!「厳しい山行続くね‼️」とスマイル。
ここからクラックチームと合流。スムーズに登りきる。Sさん「おっ!早いねっ」と。どこからか…「楽しいね~♪」と声が。左側から岩巻きチームのFさん、すいすい登っていく。この余裕…宇宙人⁉️
最後のピッチNaさんトップ。ここで待ち時間あり、手が冷たくなってくる。だるくなった腕と冷たい手をブルブル体操。チラッと霧がはれて下の行者小屋が見えるが心ははれず。「大丈夫!大丈夫!」ずっと唱えていた。

「さぁ‼️最後」無事ナイフリッジ通過。山頂らしきところで手をふっている岩巻チームが見えた。雪庇通過。上からSさん「早くおいで~」ビレーを外し最後のひと登り。登っても登って着かない。

黄色い声援が聞こえるのに!『やったぁ!!』姉さん達の胸に飛び込んだ❗泣きわめいた。涙が氷ってほっぺが痛い。Nさん到着。「諦めないでよかったねっ❗」「ありがとう❗」きゃしゃなNさんをおもいっきりギュッとした。
のんびりしている暇はない。水分をとってすぐに下山。急な下りが続く。ダガーポジションで慎重に下るが、パンパンになっている手、足にこたえる。

恐怖感満載!「うぅ-」気が付くと何かブツブツ言っている。ようやくテント場到着。休む間もなく撤収。氷ついたフライをパッキング。ずっしりと重く身体にこたえる。無事下山。12時間の戦いが終わった❗
2日間眠れぬ日々が続き…身体の痛み、アザが…。

阿弥陀岳北稜 クラックルートBパーティ

感想 1(C・Ⅰ)

阿弥陀岳北稜 左クラックルートに参加させていただきました。
事前に動画を観ていたものの、現地へ行って感じることがたくさんありました。
ロープを張ってくださっている間、順番を待っている間、寒くてガタガタ身体が震えておりました。
F代表が「アルパインクライミングは寒さとの戦いでもある」と話していたことを思い出し、身にしみて実感しました。岩に取りかかる時には、あれだけ寒くて仕方がなかったのに、寒さなど忘れてとにかく「登るんだ」という気持ちしかなかったです。

山頂では先に登頂した雪壁ルートメンバーが寒い中待っていてくださり、声援・拍手で迎えてくれました。
山頂に着くと緊張から解放され、ホッとして、登りきった、という思いが合わさって気づいたら涙が流れていました。今回私が挑戦する事ができたのは、F代表を始め、安全に登れるようにロープを張ってくださった方々がいたからこそです。本当にありがとうございました。

感想 2(M・M)

阿弥陀岳北稜2回目トライの第1岩稜

他グループのいない、深とした雪の森はメルヘンの世界なんて思っていると目の前にドーンと大きな岩の取付きに到着する。ここで3コースに分かれ登る。私は左のクラックルートを登る。

1P:岩を見て早く登りたいとわくわくする。

岩には前夜降った雪。雪を払いながらしっかりした岩のホールドを探し登る。登りきったテラスは狭く右カンテルートパーティと合流。

2P 3Pは合同でトライ。

2P:草付きと岩稜の混じった急斜面、登りはじめの岩はホールドがあったが、その後は草付きで不安定な所ばかり、確実になホールドを探すのに苦労する。雪はふわふわだったので手の指を雪の中にもぐらせ、指ピッケルのようにして登る。

剱岳の長次郎左俣の10メートル雪壁の時もそうだったなと思い出す。岩をつかんだらポロリととれてしまいもろい。もろい岩をおしこんで確実に大丈夫な所を探し登る。

3P:見ただけで緊張、岩がそびえたっている、登るしかない。厚い手袋から指の感覚がわかる薄い手袋に替え三点確保、三点確保と心でとなえながら、手とアイゼンで慎重に確実に登る。

登りきると高度感。景色最高とひたっているのもつかの間、目の前にはナイフリッジ。ピッケルが活躍、アイゼンで一歩一歩慎重に歩く。ナイフリッジを過ぎると阿弥陀頂上は見えるが急斜面 足は進まず鉛のよう。

こんなに体力がないのかなと悲しくなる。阿弥陀山頂からは先に到着していた雪壁Cパーティの顔がはっきり見える「もう少し~」「ガンバレ~」と応援してくれ、登りきることが出来た。

装備で冬季のカラビナと手袋はカラビナが凍り安全環解除に手こずる。手袋も冬季クライミングにベストな物をチョイスしないとと反省。

ひとりでは登れない山、冬季の阿弥陀北稜に信頼出来るメンバーと登攀出来て、今季一番の達成感を味わえました。みなさんありがとうございます。

阿弥陀岳北稜 雪壁ルートCパーティ 

感想1 (M・T)

ロープの結び方も知らないまま、無謀な参加でありましたが、
前日、明日の必要なロープの結び方の講習をうけ本番に臨みました。
実践で直ぐに役立ち、些細なことですが、自分の中ですごく嬉しく思い前日までの、不安が吹き飛んでとでしまいました。
F代表をはじめ先輩方の指導  登り、技術を目のあたりにして
凄さに感動しました。皆さんのおかげで雪山阿弥陀を達成できたこと せとても嬉しくおもっています。
これからも無謀な冒険を続けていきたいとおもいますので、ご指導の程宜しくお願いいたします。

感想2 (E・Ⅰ)

初めてのバリエーションルート
ご指導して下さったSuリーダーとF 代表に感謝しております。
前夜テント内でのロープワーク講習のおかげで翌日のロープワークにも戸惑う事なく冷静に実践出来たのだと思っています。
当日は、緊張感と集中と仲間の「頑張れ」の言葉今でも忘れられません。
山頂でみんなで抱き合いやり遂げた喜びを分かち合いC班仲間の強い一体感も感じられ素晴らしい経験をした阿弥陀岳北陵でした。
また、A班B班の先輩仲間が山頂に登って来られた時の感動は私にまで強く伝わって来るものがあり先輩達の強さ根性そして仲間を信じやり切り素晴らしい光景を見せて下さいました。

いつか私もと夢追い求め稜朋会の山行に参加し仲間と切磋琢磨しながら精進して行きたいと思っております。F代表 ありがとうございました

感想3 (U・S)

今回の山行で、一番スリルを感じたのは、下山時の岩場に所々雪が残る部分をアイゼンで下降した箇所です。

アイゼンを装着しているがゆえに爪がささらず足元が不安定な状態になるためかなり緊張しましたが、山岳会に入り少なからず経験値は上がっていたこと、また、寝食を共にした仲間も弱音を吐かずに頑張っていると思うことでなんとかクリアすることができました。

山岳会に入って居なければ、今回のようなバリエーションルートを登ることなんてなかったと思います。先輩方のお陰で、貴重な経験が出来ました。本当にありがとうございました

感想4 (K・E)

雪上のクライミングは今までのどんな山行より精神的・肉体的にしんどかったです。
指先が少し凍傷になっていましたが、そんなことにも気づかないほど必死に登りました。
上級ルートから登頂してくる先輩方が本当に凛々しく格好よく、抱き合って涙しているのを見てこちらも感動してしまいました。
日常のどんな悩みもちっぽけに思えてしまう程の体験でした。
極寒の中ロープを張ってくださったリーダー陣や、美味しく力になる食事を考えてくださった先輩方、ご一緒してくださったみなさんに、感謝しかありません。ありがとうございました。

感想5 (K・S)

初の冬山バリエーション、これ程重いザックを担いで山に入るのも初めての体験で、正直言って今回は楽しみというより、緊張と不安でいっぱいでした。

いくつも浮かんでくる不安材料も、会の山行であるが故に乗り切れたと思っています。

私より重い荷物を持っている皆さんの後姿を見、難しいルートに挑戦し達成する姿を見て、自分の心の弱さを知りました。

これが個人山行との違いなのだと、改めて感じた次第です。

(見掛けによらず)小心者の私ですがそこを慎重さに替えて、これからも挑戦する気持ちを忘れないでいたい思います。その先にはきっと今までと違う景色が待っていると期待しています!

今後ともよろしくお願いいたします。

 



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.