花と残雪の白山

2018年6月16日(土)~2018年6月17日(日)
参加者12人

前回は悪天候の山行で悔いが残り、今回はリベンジ山行。

雪解けが早いのでお花も咲き乱れているとの事。お天気を祈るだけ❗
朝まで雨が残り…午後に回復の予報。テル坊主と私の相棒をザックに忍ばせる。
長い道のり。

コーヒー、飴、ガムを準備。ちょっとしたアクシデントがあり…30分遅れの出発だったが、順調に進む。途中、雨は降ったり止んだり。夜が明けて空が見えた。

「良かった」一安心。別当駐車場到着。朝日がキラキラしていた。
7時15分スタート。寝不足の重たい身体だが…お日様に背を押され。眠たい目だが…みずみずしい花、葉っぱにくぎ付けられ。歓声に目が覚める。

頭もフル回転!「サンカヨウ、ニリンソウ、マイズルソウ…」呪文のように唱えてる。森林を抜けると、残雪、雲海、青空、眩しい光景。

この先、急な残雪の登りが続き緊張が走るものの、さすが皆さん余裕な笑顔。

そして、リュウキンカの群生。姉さん達お人形さんのような笑顔でキラキラしてます。お花畑に埋もれてポーズ。

お花畑の中に延命水。見逃しません。我先と群がりパワーいただき!何杯飲んだのでしょう?

黒ボコ岩到着。兄さん達、はしゃいで岩に仁王立ち。お決まりのポーズ…。
弥陀ヶ原到着。写真撮影…木道に整列!「太陽見てね~」と合図するものの皆さんバラバラ⁉️相変わらずです…。

白山全体が見えてテンションはマックス。しかし、ジリジリの日差しと残雪が重くペースが上がらず。

室堂到着。この先、黒ユリのつぼみがあるからねっ…と、すれ違いのおじ様が言っていた。さすが、Sリーダー「この辺かなっ??」と、探し始めた。プックリと膨らんだつぼみの群生。辛い登り。ようやく白山奥宮到着!まずは、パンパン。感謝の礼。ぶつぶつと…呟く。
晴れ晴れの白山❗うるうるしながらも目に焼きつける。

下山開始と共にガスが上がって来た。山頂でどんなパワーをもらったのか?皆さんの足取り軽くトントン下りて行く。

弥陀ヶ原は真っ白ガスにおおわれていた。赤布たどって黒ボコ岩到着。後ろを歩いていた、Fさん、Sさんの姿が見えない。

Tさん、Mさん探しに行く。Nさん岩に登りすぐに連絡。素晴らしい連携プレー。「通じた❗」Fさん「道をみうしなって夏道を下っている。分岐点で合流すると…」
えっ⁉️誰のいたずらなのか??お願いを呟き過ぎた??キツネにつままれた…⁉️頭の中がぐるぐるしてる。

「さぁ。行くよ❗」Sリーダーさっそうと歩き出す。

エコーライン分岐到着。ここで待機と言っている間に、Fさん、Sさんあらわれる。さすが、コンパス、地図で分岐までたどり着いたと。

後をおっかけたTさん、Mさんもさすがの足どり。数分後に合流。合流確認。後ろを振り向く私に向かって、ガッツポーズ❗ホッと一安心。

長い下りお花に癒されながらも、足どり重い。元気付けのため…歌を口ずさむ。ようやくつり橋が見えた。16時30分別当到着。

白峰温泉でぬるっとした肌にまとわりつく湯に入りピカピカ。
松任市のお寿司屋に急ぐ。人気店なので人があふれている。ネタ切れもあり…食べられないものもちらほらっ。しかし…お腹いっぱい。

松任海浜公園着。アイスクリーム&お酒を楽しみ。22時おやすみなさい。暖かい夜でした。
4時起床。海&山を眺めなからのコーヒーを飲み。5時出発。快適なドライブを楽しみ⁉️11時30分武蔵浦和到着。

リベンジ白山。最高でした。愉快な皆さまと共に山頂を践めた喜びでいっぱいです。
素敵なお山…また、訪れたい場所です。

記録K.S



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.