浅間山  前掛山
平成31年3月9日
 土曜日
参加者
     19名    男性 7    女性12
天候
     晴れ
集合場所
      3月8日  金曜日                          

記録  

群馬県と長野県の境にある日本百名山のひとつ、浅間山。2018年8月に噴火警戒レベルが引き下げられ、前掛山まで登山ができるようになったのは、記憶に新しい。

3/8武蔵浦和PM10時15分スタートー関越自動車道上里サービスエリア休憩 ーAM1時 軽井沢 K邸 仮眠

3/9AM4時半起床ー 5時20分出発.今回は、K氏のご好意により素晴らしい別邸にお世話になり感動しながらすぐに仮眠に入り朝はモーニングコーヒー、テイーをいただき出発です。

浅間山登山口天狗温泉浅間山荘6時40分各自準備をしMリーダーIサブリーダー、Sサブリーダーのもと先頭は、サブリーダーのもとスタートする。

1410m標高のからのスタートだか2568mまでの標高差はなかなか大変そうだなあーと思いながらそれをまさる天候も良く晴れて風もないので前後の人とおしゃべりしながらルンルン気分のスタート。

思ったより雪はあったが、心地よいクッションで一鳥居、二の鳥居とすすみ不動の滝が凍っているのがすごーいのおもいながら楽しい会話も弾みながら歩いていると浅間山の頭が見えまだまだ遠いなあーと感じながら石碑があったり、カモシカ平〔カモシカは不在〕前へ進むと今度は牙山(ぎゃぱやま)というすごく山がみてきてさらに歩くと火山館に到着。

硫黄のすごーい臭いがあった。トイレもあり、軽食を摂りまるで雪山と思えないほどの気候に薄着になり一服。火山館を少し登ったところで、リーダーの指示のもとアイゼンをつける。雪山初めての新人さんにはF代表が装着を指導した。

ここから本格的な雪山。前に大きな浅間山を目にしながらひたすらの登り、風も強くなり辛い。でも振り返れば四阿山、振り返れば黒斑山、蛇骨山と素晴らしい景色にまたテンションは、上がる一方初めての新人さんも、歩き方など指導を受けながら遅れることなく登り〔すごーい〕指導者がよいのかな?

シェルターで休憩。ここでまた軽い食事、水分補給。再びスタート。ここからもまたひたすら登りで長ーい、それに勝る大展望。例えようのないロード右には、40年前に廃道になった道がくっきり見え左には、北アルプス、八ヶ岳、前には、富士山と青空、風も弱くなり頂上前掛山に到着❣

360度の展望を堪能する。出会った2人連れの方に写真を撮ってもらい、気を引き締めて下山開始。下山時も最高。

ひたすらの下山だが各自ピッケル、ストック、各自自分で判断し下山

素晴らしい景色と青空をみながら話も弾みコースタイムよりは少し遅めであったが

F代表Mリーダー、Iサブリーダー、Sサブリーダーのもと3時20分駐車場に到着。 

下山後駐車場横にある天狗温泉で身体を癒して帰路に急ぐ。途中上里サービスエリア休憩して、8時半15分武蔵浦和レンタカーで解散

                                         記録    M.T

 



Copyright (C) 2003 RYOHOKAI All Right Reserved.